GISELe

2021/04/05

春らしい「カラーアイテム」の選び方とは?「トーンを落とす」とうまくいく

GISELe編集部

「翳りのある」高発色

冬から春にかけて、わかりやすい変化を求めるなら、着目すべきは新たな色。まずは今すぐ実践できる「うまくいく配色」をあらかじめセット。春に近づいたら、もう一度色を組みかえる。先々まで応用できる、新・再配色のレパートリー。


BRIGHT COLOR + Gray, Smoky Tone…
「翳りのある」高発色

明度の高い色をあえてくもらせて、リアリティのあるバランスに。グレーやスモーキーカラーなど合わせる色のトーンを落とすことに加え、「あせたネオンカラー」といった、新たな発色にも注目。

【画像一覧】トーンをおさえたカラーコーデすべて


(BRIGHT COLOR + Gray, Smoky Tone…)



(VIVID GREEN + Smoky Beige, Gray)

はっきりしない2色の空気を変えるフレッシュなグリーンのアクセント

ベージュロングコート 49,000円+税/LE PHIL(LE PHIL NEWoMan 新宿店) グレーワンピース 27,000円+税/デミルクス ビームス(デミルクス ビームス 新宿) 肩にかけたグリーンスエット 8,500円+税/DISCUS Athletic(ドリームワークス) バッグ 30,000円+税/マイディ(ジャーナル スタンダード ラックス 表参道店) 黒ショートブーツ 9,200円+税/RANDA まずは肩にかけた、小物のような使い方からスタート。


(SKY BLUE + Ivory)

冬の晴れた日に似合う爽快なブルーと冷たい白の新配色

ブルーニットカーディガン 28,000円+税/CABaN(キャバン 代官山店) アイボリースカート 24,000円+税/クラネ(クラネデザイン) 白ソックス(メンズ) 2,800円+税/フィルメランジェ 黒パンプス 5,900円+税/RANDA たださわやかに終わらない理由は、どこか冷たさを感じさせる白スカートにあり。コンパクトなニットとフレアでシルエットは甘く仕上げて、親しみやすく。

CREDIT: 2021年3月号掲載 Photography_Shohei Kanaya Styling_Keiko Watanabe(KIND) Hair&Make-up_Nobuyuki Shiozawa(mod’s hair) Model_Katya Design_Yoshitatsu Yamaya(Ma-hGra) Composition&Text_Chiharu Ando