GISELe

2021/04/07

トップスに「ほどよい甘さ」が今っぽい丨ブラウス+デニムコーデ6選

GISELe編集部

「デニムに選ばれたトップス」

デニム=なんでも合うからこそ、どんなトップスを選ぶかがスタイリングの完成度を大きく左右。今すぐ着られる新しさで気分を上げたり、あらためてベーシックを見つめ直したり。デニムと一緒なら、見慣れないものも身近に感じることが可能に。新しいものであふれるこの時期。コートの下から気分を変えてくれる楽しいトップス探しをスタート!


これから合わせたい新定番
>>「デニムありきの甘い装飾」

シンプルなデニムに特別感をもたらす、糖度高めのデザイン。大げさなフリルや着映えする赤など、振り切った要素もデニムの親しみやすさが手伝ってリアリティのある装いに。

【画像一覧】ほどよく甘いブラウス+デニム



ボウタイブラウスもデニム素材でセットアップ的に装う
デニムブラウス 12,000円+税/Saki Kojima et MADEMOISELLE ROPE(マドモアゼル ロペ) デニムパンツ 31,000円+税/マザー(サザビーリーグ) 腕時計 47,000円+税/セイコー プレザージュ(セイコーウオッチ お客様相談室) ブーツ 17,900円+税/A de Vivre 太めのタイが存在感を発揮。



あせたデニムに寄り添う繊細なレースづかい
ベージュブラウス 32,000円+税/ビリティス・ディセッタン(ビリティス) デニムパンツ 39,000円+税/エージー(コロネット) バッグ 39,000円+税/VIOLAd’ORO(ピーチ) ふわっとしたAラインや、ひかえめなフリルをまろやかなベージュのブラウスにあしらい、華やかさと心地よい見た目を両立。

CREDIT: 3月号掲載 Photography_Gori Kuramoto(Pygmy Company),Yuuki Igarashi(TRON),Koichi Sakata Styling_Keiko Watanabe(KIND) Hair&Make-up_Nobuyuki Shiozawa(mod's hair),Naoyuki Ohgimoto Model_Hanna,Katya,Alisa Text_Riho Nawa Composition&Text_Miyuki Kikuchi