GISELe

2021/06/25

【安定のかわいさ】「白Tと新たなデニム」「白Tとベージュの新定番」

GISELe編集部

「着たい」を拾う白T

白Tに合わせたい
デニムとベージュの更新リスト


コーデに迷うとき、あえて「定番に立ち返る」と新しい発見が。白Tと並ぶ普遍的なブルーデニムと、白とセットでうまくいく安定のベージュ。相性のよさは保証されているから探りがいのある、2大ベーシックとの最適解を追求。

A-SIDE
「デニムの更新」

スリット入りでハズしたり、涼しい丈に置き換えたり。王道の組み合わせのなかで「今」を感じるマイナーチェンジ。

1:メンズライクなオーバーオール

無骨なデニムに必要な
抜ける白と知的なネイビー


ワイルドなシルエットのブルーデニムには、白Tの中でも隙のあるノースリタイプがベター。行儀のいい紺ブレで知性の加算も忘れずに。 


2:リーバイスの「701」

切りっぱなしのスリーブで
まじめなデニムの息抜きを


ラフなカッティングで特徴をもたせた白T。印象的なデザインとバランスをとる、オーセンティックなリーバイスのデニム「701」の重みが好都合。


3:涼しげなハーフパンツ

カバー力のある白Tに甘えて
ハーフパンツをスタート


ゆったりとしたユニセックスの白Tは、腰まわりを自然にカバーしてくれるから短めデニムが試しやすくなる。意表を突くレディなヒールでさらにバランスアップ。 


4:さりげないスリット入り

タイトな後ろ姿がなごむ
「小さなスリット」の効能


コンパクトな白TをINし、足元は切れ味のあるスリット入りですっきりした印象を上乗せ。小さなスリットぐらいのささやかなリメイクなら試しやすく、スマートさを保てる。


CREDIT: Photography_Masafumi Tanida(CaNN) Styling_Kaori Higuchi(KIND) Hair&Make-up_Nobuyuki Shiozawa(mod’s hair) Model_Rebecca Design_Yuko Shiga(Ma-hGra) Composition&Text_Chiharu Ando

RECOMMENDED