GISELe

2021/07/23

「ワンピースを上手に着る」やりがいのあるテクニック20選

GISELe編集部

オシャレが上手くなる

コーディネートせずとも1枚でキレイ。だけど工夫があるともっといい。夏本番を前にコーディネートの新しい手数をストックすべく、GISELeの人気コーディネートから選ばれた知っておきたい20のテクニックを公開!

【INDEX】▼クリックでJUMP
01:「明日からできるテクニック」
02:「シャツワンピのアレンジ法」
03:「第1印象=シルエットを変える」
04:「ワンピが冴える小物づかいとは?」
05:「ランクUPのアイディア」


01
明日からできるテクニック
いつものシンプルなワンピースかける少しの工夫。難しさはナシ、手持ちのアイテムで真似できるアイディアをご紹介。


【夏っぽさを呼び込む】

ボーダーの肩がけでモノトーン

ワンピの軽快なシルエットを生かしつつ、柄が小さく効くことで、日常になじむマリンルックに。白黒に絞った配色ならカジュアルなボーダーも大人っぽい。


【揺れ感の加算でエレガントに】
プリーツスカートのレイヤード

プリーツスカートをさりげなく足元にのぞかせることで、広がるAラインに立体感を。シルエットがエレガントなぶん、フラットな足元で脱力するのが好バランス。


【キレイにくずすために】
シアーなゆるトップスをかぶせる


ノースリワンピに、ざっくりしたサマーニットやシアーなシフォンなど、透け感のあるゆるいトップスをかぶせるだけ。肌感にフィルターをかけてヘルシーに見せる有効な手段。

 
【ラクなワンピにきちんと感を】
白ソックスとパンプスで整える

白ソックス+パンプスのセットで、足元から品行方正に。リラクシーなワンピースが、即座にクラス感のあるたたずまいになる。軽やかになりがちな夏の装いに、ほどよい重みを添える意味でも白ソックスは有効。


【ひかえめに華やぐポイントづけ】
足元に色でアクセント

1枚で完結するゆえに、コーデ全体の色数が減ってしまいがちなワンピースの性質を逆手に取り、シューズに目を引く色をチョイス。クラシックな赤パンプスで、ゆったりフォルムの白シャツワンピに気品がそなわる。


CREDIT: Composition.Text_GISELeWEB

RECOMMENDED