GISELe

2021/06/27

「とにかく楽なパンツ探し」|見た目もキレイ前提の4選

GISELe編集部

キレイと気楽を両立させる

履き心地のよさは、アバウトさとも隣り合わせ。そんなゆるさもスタイリングのポイントとして好転させる「とろみ素材」でキレイをキープ。Tシャツと合わせてもさまになる2タイプを検証。

TYPE 01
カジュアルとモードの間をとれる

「サテンのジョガーパンツ」

そっけないトップスにもわかりやすく華やかさを添えるサテン。単なるつやめきだけでは見慣れてきた今、ラフなのに洗練されたジョガーパンツの目新しさに頼るのもあり。

1.BLACK JOGGER
「基本の白T×黒パンツをツヤで更新」


メンズライクなジョガーパンツに隙を生む、華奢な足首のギャップとツヤ。白Tシャツとラフなボトムの気張らないコンビを、光沢の力で洗練されたシンプルに格上げ。

2.BROWN JOGGER
「ワンピースの下に潤いを仕込む」


ワイドパンツを合わせがちだった、ワンピの重ね着をジョガーパンツに置き換え。レイヤードにさらなる奥行きをもたらしてシャープにつやめく。



TYPE 02

ワントーンが冴えわたる
「スムースなセンタープレス」

単調になりがちな、ALL白・黒のワントーン。メリハリをつける手段として、きちんと見せてくれるセンタープレスを活用。スムースな質感ゆえに、カジュアル以上にたどりつける。

1.WHITE CENTER CREASE
「ぼやけさせない縦ライン」

小物まで統一したワントーンに、抑揚をつけるとろみ素材のボトム。さらにセンタープレスのスマートさで、白一色があいまいになりすぎず、都会的な趣に。

2.BLACK CENTER CREASE 
「セミフレアでさりげなくしとやかに」

カジュアルなロゴTを引き上げる微光沢のセンタープレス。やや広がりのあるフォルムですぎない色気を加算し、女性らしさも忘れない。

CREDIT: Photography_Shohei Kanaya Styling_Makiko Iwata Hair&Make-up_Nobuyuki Shiozawa(mod’s hair) Model_Rebecca Design_Tomoki Fukuhara(Ma-hGra) Text_Eri Umeda Composition&Text_Chiharu Ando

RECOMMENDED