GISELe

2021/07/20

【明日なに着る?】♯080 黒の代わりの渋い色

GISELe編集部

着休めになる色の結論

組み合わせ方や注目のアイテム、さらにはこれから着たい服探しにも役立つ、最新コーディネートを毎日更新してお届け中!

>>【明日なに着る?】すべての記事一覧

080
REVISE
コンパクトなノースリの黒を
渋みのあるグリーンに


黒になじみつつ黒に映える。

シンプルな定番を引き立てる配色

夏トップスの軸の1つ・コンパクトな黒のノースリ&ハイネックニット。その使い勝手の良さはそのままに、色をクラシックで上品な趣のあるグリーンに置き換え。濃く渋い色みだから黒やベージュ、白など
ベーシックカラーのボトムにもなじみやすく、薄軽ジャケットなど羽織りモノのインナーとしても最適。渋みを帯びたコンパクトなカラートップスで、パターン化しがちな夏の装いの気分転換をはかって。

POINT
☐重く見えない、やや透けた素材感。
☐リネンスカートとニットからのぞく
腕が濃厚な配色の抜け感を担う。

CLIMATE
34℃↔25℃

グリーンリブニットトップス 2,200円/GirlyDoll(ZOZOTOWN) 黒リネンスカート 30,800円/Currentage La maison de Lyllis(メルローズ PR) サングラス 41,800円/EYEVAN(アイヴァン 東京ギャラリー) バッグ 37,400円/MARROW(4K) パンプス(リボンつき) 24,200円/TSURU by Mariko Oikawa

☑あわせてチェック!
「黒のコンパクトなノースリ」
夏ボトムとの相性研究
>>着まわしにムダな幅が出ない|「胸もとで選ぶ」2つのトップス

CREDIT: Composition.Text_GISELe