GISELe

2021/09/07

あえて選ぶのは「ベーシック」|スタイリストが「気になる服」とは?

GISELe編集部

スタイリストの「気になる服」

プロたちが指名する
アイテム別「新しさ」の着眼点


今季の新作を数多く見ているスタイリストたちが、個人的におすすめしたいアイテムとは? 色・素材・秋冬のスタンダードアイテムなど、旬であるだけでなく、先まで着られることを見越して選ばれた、6つのテーマ別にその詳細をご紹介。

| SET-UP |
COLOR : GRAY, LIGHT BEIGE
ITEM : JACKET&PANTS, KNIT-UP


☑セットアップ
→靴に左右されないシンプルな形

ジャケット 92,400円、パンツ 46,200円/ともにTHE NEWHOUSE(アーク インク) より上質な印象のウール素材を。靴の選択肢が増えることを想定し、メンズっぽくもコンサバにも偏っていない「ジャストサイズを選ぶ」のが賢明。(樋口かほりさん)



☑ニットアップ
→ブーツが主役になるハーフパンツ

ニットプルオーバー、ハーフパンツ 各30,800円/ともにGALERIE VIE(ギャルリー・ヴィー 丸の内店) 上下分かれていることで、ニットワンピよりヘルシーに着られる。今季はロングブーツがとても多く出ているので、ニットのハーフパンツが1つあると組み合わせの幅も楽しみも広がる(渡邉恵子さん)


| MATERIAL |
COLOR : YELLOW,BROWN
ITEM : VEST, BLOUSON,SKIRT


☑ボア素材
→小物感覚で使えるベストがいい

共布ベルトつきボアベスト 50,600円/venit(ハルミ ショールーム) ノースリ+デニム、コンパクトなリブニットなど、シンプルな上下に重ねるだけで鮮度アップを見込めて優秀。ファーバッグ的なイメージでアクセントとしてとり入れたい!(樋口かほりさん)



☑エコレザー
→力みのないダークブラウンで

フェイクレザージャケット 33,000円、スカート 18,700円/ともにSTUNNING LURE(スタニングルアー 新宿店) 素材感が少々ハードなレザーは、黒よりダークブラウンが使いやすい。辛口になりすぎず幅広いテイストとマッチ(岩田槙子さん)

CREDIT: Composition&Text_GISELe

RECOMMENDED