GISELe

2021/10/21

着転が利く「完璧主義の黒ニット」:着回しが見違える4つのメリット

GISELe編集部

「黒ニット1つでどこまでも」

一見どこにでもありそうだけど、探してもなかなか出会えない理想をそなえた黒ニット。ふわふわとした上質な風合い、万能性に加えて女性らしさや品格も高まる。着心地のよさ、ほどよい厚み、キレイに見えるシルエットなど、あらゆる「不」を削ぐことでメリットを見出した1着から広がる、表情豊かなスタイリングパターンをご紹介。



BLACK KNIT 13,200円/GISELe WEB デニムパンツ 12,100円/リーバイス®(リーバイ・ストラウス ジャパン)


【POINT】

1.前後で印象が変わる2タイプの深さ
Vよりもやさしく、Uよりもすっきりとした、デコルテを美しく見せる曲線を追求。バックはボートネックぎみで、前後で着用可能。ありがちなインナーのストラップがのぞく問題を解決する開き加減。

2.気品をもたらす繊細シャギー
ニットで懸念される厚みはおさえながら、保温性はしっかりキープするフォックス混素材。チクチクすることなく、肌あたりはなめらか。

3.1枚でも重ね着にもいい適度なゆるさ
そのまま着てもさまになり、重ね着したときも膨張して見えない身幅の広さ。切り替えをなくした1枚仕立てのホールガーメント仕様だから、体から浮くことなくオーバーサイズでも見た目はすっきり。

4.手首より少し長めのそで口
手のひらに少しかかる長さにすることで生まれるわずかなボリュームが、シンプルな黒のすぎない個性として作用。まくったときに落ちてこないようにあしらわれたリブは、よれにくさも重要視。



【STYLING】
黒ニットを見極める新基準

ありふれたアイテムだからこそ、「他とは違う」なにかを求めたくなる黒ニット。理想にこだわったこの1枚から、シンプルな装いをしゃれさせるポイントをリサーチ。



POINT1
長めのそでも飾りの一部
まくったときだけでなく、おろしたときにもできるたるみが立体感をもたらし、黒を単調に見せないアクセントとして効果を発揮。ニュアンスによってやわらかな雰囲気も引き立つ。

スキニーをブーツINしたシャープな
装いにムードをもたらすニットのゆるさ

コンパクトなニットだともの足りなさを感じる装いが、静かに主張するフォルムのおかげで映える姿へシフト。 黒ニットは着まわし。黒スキニーパンツ 3,990円/Gap(Gap新宿フラッグス店) 茶ブーツ 33,000円/ダイアナ(ダイアナ 銀座本店)




POINT2
あなどれない後ろ姿の完成度
意外と見られていることが多いから、全体の印象を左右しかねない後ろ姿。ボトムに応じてニットを前後逆にし、素肌をのぞかせるひと手間で行き届いたルックスに。

変化をつけたネックラインで
端正なパンツスタイルを女性らしく

前後を逆に着て。すっきりとさせた腰まわりに、ヒールまで柄のパンプスを合わせ、先端までぬかりないパーフェクトなたたずまい。 黒ニットは着まわし。キャメルツータックパンツ 13,000円/N.O.R.C レオパード柄パンプス 35,200円/PIPPICHIC(ベイジュ)




POINT3
毛の細さが黒の印象を操作
黒ニットにいだく迫力や重さを解消したいなら注目すべきはその毛足。できるだけ細いものを選ぶと、発色が和らぐうえ、厚みもそがれて軽やかなイメージへと塗りかえることが可能。

淡くやさしいピンクを合わせても
コントラストがつきすぎず穏やか

ピンクにも起毛感をとり入れ、ソフトな素材だけで構成。アバウトな着方が配色のメリハリをさらにあいまいに。 黒ニットは着まわし。リバースカート 25,850円/uncrave パンプス 10,450円/ル タロン(ル タロン プリュ 有楽町マルイ店)



POINT4
品格はすそで決まる
安心感はあるのにけっしてだらしなく見せないお尻がギリギリ隠れる程度にとどめた着丈。すそはしぼるより開いていたほうが余計なふくらみが強調されず、むしろスマートに転向。

フレアスカートを合わせた気楽な
上下でも長すぎない丈で間のびを回避

黒ニットは着まわし。スカート 75,900円/ebure(ebure GINZA SIX店) ピアス 11,330円、リング 16,940円/ともにSOKO(ZUTTOHOLIC) アンクルストラップつきパンプス 16,500円/ル タロン(ル タロン グリーズ ルミネ新宿店)


≫着回しの記事をもっと見る

CREDIT: Composition&Text_GISELe

RECOMMENDED