GISELe

2021/11/18

カッコいい人のチェック柄:「なじみのいい」3つのタイプを基準に選ぶ

GISELe編集部

ハンサムにチェック

着る服の数が増える冬こそ柄アイテムが本領を発揮するシーズン。まずは定番・正統派のチェック柄からアプローチ。黒やネイビーなどのダークカラーに加え、白やベージュが旬の今季は、効かせるよりも「なじませる」デザインを選ぶのがおすすめ。


選びたいのは「浮かない」
ハンサムなチェック柄


親しみのあるチェック柄は、辛口に仕上げるのが今季の気分。「さりげないチェックづかい」でクールな印象を貫ける3タイプのチェック柄とは?



ITEM-1-CAPE COAT

☑無地にほど近いチェック

【クラシカルなケープコート】

ハンサムな黒につり合う気品

方眼紙のように細く細かい線で構成されたグラフチェックは、シンプルなため、他のアイテムと合わせやすいという利点アリ。クラシックなケープコートの重厚感にマッチする「ほぼ無地」の柄。上下細身でまとめたIシルエットの上から羽織って、ハンサムで品のある装いに。

リバーケープコート 29,700円/Lily Brown(Lily Brown ルミネエスト新宿店) 黒ニットプルオーバー 7,920円/AKTE 黒スキニーパンツ 14,080円/ROLLA’S(ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム) 黒バケットハット 16,500円/シシ 黒ロングニットグローブ 11,000円/PHEENY ゴールドチェーンブレス 14,300円/フィリップ オーディベール(デミルクス ビームス 新宿)




ITEM-2-JUMPSUIT

☑細い格子のチェック

【キレイめシックな1枚系】

細い線のチェックが品をもたらす

クラッシックでトラディショナルな印象のウィンドウペンはジャンプスーツやワイドパンツなど、リラックスアイテムにうってつけ。チェック柄の中では子供っぽくならず、存在感がある割に、すっきりさと上品さをアピールしやすい。けば立ちのあるあたたかな質感、やや余裕を持たせたシルエットで、足首に向けて細くなるテーパード。

ネイビーチェックジャンプスーツ 48,400円/カレンソロジー(カレンソロジー 新宿) 白ロングコート 86,900円/ATON(ATON AOYAMA) ネイビーパンプス 15,950円/ダイアナ(ダイアナ 銀座本店)




ITEM-3-EASY PANTS

☑にじむようなチェック


【とろみ素材の気楽な脚長パンツ】

ワントーンで柄の装飾感をセーブ

徐々に色の濃淡さが変化し、他の色がしみ込んだような変化のあるパターンが特徴のオンブレ・チェック。サテン風の落ち感&微細なツヤを含んだ、余裕をもたせたストレートシルエット。柄の色を拾ったワントーンで、印象的な柄アイテムもまとまった印象に。あいまいなトーンでぼやけないよう、足元はきゃしゃなパンプスでシャープに仕上げを。

チェックパンツ 42,900円/THE SHINZONE(Shinzone ルミネ新宿店) グレーモヘアシャギーニット 42,900円/ATON(ATON AOYAMA) バッグ 15,400円/wmg.(GOAT-ee) ダークベージュパンプス 15,400円/ダイアナ(ダイアナ 銀座本店)


≫秋冬のキレイ色コーディネートを見る

CREDIT: Composition&Text_GISELe

RECOMMENDED