【22選】「スタイルよく見える前提」 黒スキニーのコーディネート実例集

リラックスシルエットのトップスやアウター、またロングブーツも欠かせない今季、それらに合わせてスタイルよく、キレイとカジュアルが両立した仕上がりをかなえてくれる黒スキニーに再注目。寒い冬の足元のアレンジも幅広く、引き締まる黒は着回し力もお墨つき。そんな黒スキニーを主役に考えたコーディネートの実例集。



001.
ゆる長ニットと「レギンス感覚のスキニー」

レギンス感覚のスキニーで選びたいのは伸縮性があり、肉感を拾いづらい生地に程よい厚みがあるもの。ノンストレスなフィット感で下半身を引き締め。お尻が隠れる丈やオーバーサイズに振り切ったボリュームトップスとの合わせは考えなくてもバランスよくまとまる組み合わせのひとつ。


002.
シンプルな上下とソックスのアレンジ

少量でも効く赤で定番アイテム&配色を飾りつけ。ある意味強いぼやけ知らずな白と黒だから、赤の発色がピリッと効いて悪目立ちせずいいあんばいに。フラットシューズを合わせて適度に脱力。


003.「ニット・スキニー・ブーツIN

あたたかさ、スタイルバランス、今っぽさ。都合のよさをそなえた冬のワンツーコーディネートを成立させるポイントは、糸が太く分厚いざっくりニット。相性抜群な黒スキニーはもちろん、短め丈ならロングスカートやワンピースにも合う。


004.
「ゆるいアウター」でスキニーのほっそり感を強調

注目のケープ風アウターを羽織って。オーバーサイズのトップスやアウターが定番となった今、それらとシルエットの相性がいい黒スキニーにも再注目。タイトなスキニーとシルエットに極端な差がつくことで、きゃしゃ見えが可能に。


≫【全22選】黒スキニー「スタイルよく見える前提」コーディネート実例集をすべて見る