「2つある」これからのトップスの新傾向「シーンを問わず使いやすい」ソフトにカラー・強気にモノトーン


ワンツーが増えるシーズン、増やしたいのは手を加えずとも映えるトップスのバリエーション。いつもの延長で着られて退屈にも見えない、日常づかいにちょうどいい「やさしく使えるカラートップス」「ありきたりじゃないモノトーン」の2種類をご提案。



こだわるのは色より色み「派手すぎない」カラートップス


キレのある発色を落ち着かせ、シックな方向でも装えるダークトーンと、クリアな発色よりもやわらかくクリーンに使える白まじりのパステルカラー。定番色ともなじみがいいうえ、カラー同士で合わせても濃淡の差による強弱がつけられる注目の色み。



メンズパンツの無骨さが和む「ガーリーな色み」

ニット 23,100円/スローン(ザ ショップ スローン 新静岡セノバ店) バッグ 6,600円/ロデスコ(アーバンリサーチ ストア ルクア大阪店) サンダル 15,400円/ダイアナ(ダイアナ 銀座本店)


しっとりとなめらかなスーピマコットンを採用し、着心地のいいニット。目の細かいハイゲージだから、「ニットで淡ピンク」でもふわふわとぼやけずしっかり発色してくれる。カラー以外はスタンダードなデザインだから、シルエットに悩まず使いやすい点もうれしいポイント。



【POINT】ストレートなチノパンとのIラインに、質感の微差で奥行きをメイク。メンズサイズをはくことでシルエットに生まれるヒップやもものたるみも、コンパクトなノースリと一緒なら華奢な体を想像させるエッセンスに。



半そででもきちんと見えるダークネイビー

ネイビーTシャツ 4,400円/プチバトー(プチバトー・カスタマーセンター) ダークグレーデニムパンツ 24,200円/ソフトハイフン ピアス 8,800円/アビステ バッグ 8,990円/MANGO ローファー 17,930円/A de Vivre


コンパクトなサイズ感と黒よりのダークネイビーで、半そでを品行方正にアップデート。カジュアルな印象をさらに薄めるのは、「第二の肌」と呼ばれるほどやわらかい、リブ編みされたコットンのスムースな風合い。INしてもゴワついて見えないフィット感のよさも、清潔なイメージに直結。


【POINT】女性らしさもかおるネイビーTに対して、デニムはわずかにメリハリをつけるため、黒に近いグレーをチョイス。まじめな雰囲気ながら抜けももたらす、茶系のレザーを相棒に。



茶系の延長でラメ入りゴールド

ゴールドトップス 6,050円/STYLEMIXER(バロックジャパンリミテッド) ギラつかない地色のゴールドにラメが映える。5分そでで二の腕を自然とカバー。着心地がよくINもしやすいしなやかな風合い。



古着っぽい味のあるブルー

ネイビーブルータンクトップ 2,990円/Gap 着こんだような質感でメンズライクにも振れるタンクトップ。首がつまったデザインなので1枚でもインナーとしても扱いやすい。地味に見えず小回りの利く1枚をこの価格で手にとれるのもうれしいポイント。



甘さひかえめなくすんだピンク

サーモンピンクカーディガン 24,200円/ADAWAS(ショールーム セッション) 自然な光沢が上品な薄手のシアーニット。軽量なので着ていてもストレスフリー。ボタンまで染まった自然と統一感を出せるルックス。



派手さをおさえたディープな赤T

赤Tシャツ 14,300円/RHC(RHC ロンハーマン) オーガニックコットンをブレンドしたナチュラルな質感。濃厚なトマトレッドにはパキッと浮かず、かえって装いを引き締める効果が。シンプルにデニムに合わせたり、羽織りからチラ見せするのに使いやすい。



グレイッシュなオリーブが新鮮

オリーブシャツ 23,100円/TODAYFUL(Life’s 代官山店) ヴィンテージ加工で落ち着きのある色みに、フライフロント、ロングカフスとさまになるポイントを装備。



ニットの深みが増すブラウンオレンジ

キャメルえりつきリブトップス 8,990円/UNFILO(オンワード樫山) 大きめのえりで装いに変化。ブラウンほど重さなく着られる。



ミルキーピンクでスウェットに愛嬌を

ピンクハーフジップスウェット 10,780円/ユー バイ スピック&スパン(ユー バイ スピック&スパン ルミネ池袋店) 胸ロゴがさりげないアクセントのハーフジップ。ハードに見えない色みだから、小さめのえりを立てて変化もつけやすい。



薄黄でひき立つサテンのニュアンス

クリームイエローブラウス 14,960円/ReNAVE(NAVE) 白Tのように使えて、ニュアンスを効かせられるクリームイエロー。とろみのあるなめらかな生地で肌ざわり抜群。



甘さひかえめのやさしいオレンジ

オレンジチュニック 37,400円/Pheeta(ビショップ) すっぽり長めのオーバーサイズ。フロントのピンタックで長い丈でものっぺり見えず着やすい1枚。



ぎらつかないマットなシルバー

シルバートップス 26,400円/ヌード(ジャーナル スタンダード レサージュ 丸の内店) フロントタックで生地に自然なドレープと立体感が出るデザイン。



清涼感のあるシャーベットグリーン

シャーベットグリーントップス 14,300円/ルージュ・ヴィフ アンナ(ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店) すそはドローコードで着丈やシルエットを調節可能。丈自体も短いから、幅広ボトムとの相性も抜群。



透けが発色をさらにまろやかに

シャーリングトップス 11,000円/TODAYFUL(Life’s 代官山店) 膨張見えを防ぐ細かいギャザー。不規則に入っていることで、あいまいな色みぼやけて見せない。



使いやすい形で白みがかったラベンダー

パープルカットソー 1,990円/GU モノトーンやデニムにも合うシンプルなラベンダーは、薄い羽織りものの出番が多くなるこの時季に1枚持っておくと便利。フロントは2枚仕立てでインナーが響きにくい。デコルテをきれいに見せてくれるUネックタイプ。



甘さがほどよいアイシーブルー

ブルーブラウス 13,500円/バナナ・リパブリック ハリのあるパフスリーブに対してボディはコンパクトだから、ボトムを問わずスタイルよく仕上がる。



目立たず目にとまるひかえめな色みと柄

ストライプシャツ 47,300円/フランク&アイリーン(サザビーリーグ) 白シャツのように使える薄色&極細ストライプが新鮮。タンクトップやハーフパンツに合わせてさらっと羽織れる軽やかな見た目が魅力。



フォーマルな場面も想定「デザインの効いた」モノトーン


ブラウスやシャツのようなデザインを含んだTシャツ。白と黒でも地味に見えないうえ、オフィスやフォーマルな場に行っても「浮かない」、シンプル+αのあるデザインと、それによって得られるメリットがあるトップスをご紹介。



美脚を促すフレアライン

黒フレアTシャツ 20,900円/ebure(ebure GINZA SIX 店) 通常のウエスト高めに切り替えをつくったことで、腰の位置も上がって見えてスタイルUP。さらにゆったりとしたそでは腕の華奢見せ、フレアになったすそもウエストまわりを細く見せてくれるという、メリットの多いデザイン。



ぶかっとした白Tをえりで端正に

白Tシャツ 16,500円/Americana(ライズフロムザサーティー) 主張しない小ぶりのえり。ヒップが隠れる長さ+ゆったりとしたシルエットも、丈に前後差をつけることで、メリハリもついてルーズに見えない。そではノースリーブよりもやや長めの「ノースリ気味」の長さで、肩と二の腕の太い部分を覆い隠すことで華奢見せの効果も。




べロアのような光沢でリッチなムード

フロッキーTシャツ 15,400円/ウィム ガゼット(ウィム ガゼット ルミネ新宿店) 特殊加工のフロッキー素材を使用した上質なツヤでクラスアップ。




主役を張るボリューミィなコサージュ

白コサージュつきTシャツ 15,400円/NOBLE(ノーブル 有楽町マルイ店) 白Tがベースだから、大ぶりな装飾も節度のある華やぎに。つけはずし可能。



Tシャツ感覚のノーカラー

黒ブラウス 19,800円/normment(ショールーム セッション) 軽さをもたらすはしごレース。ほどよい透けやはしごレースからのぞく微量の肌が、ゆったりとした黒ブラウスの重量感をセーブ。



リボンつきの白Tシャツ感覚

白バックリボントップス 8,000円/バナナ・リパブリック 立体的なリボンがウエストまわりの細見せに貢献。ショート丈だからワイドパンツやボリュームスカートにも合わせやすい。



透ける素材をロンTで

黒シアートップス 27,500円/ゲミニー(ウィム ガゼット ルミネ新宿店) 透過性のある素材でもフラットに見えるのは暗色だから。長めのそででインナーとしても優秀。



レトロな甘さが身につく水玉模様

黒+白ドット半そでニット 17,600円/TSURU By MARIKO OIKAWA クラシカルに導く、首のつまったデザイン。そでやすそのリブがシルエットの丸みを強調。自宅で手洗い可能。



ブラウスのような「さりげない甘さ」

白シュリンクボトルネックロンT 7,480円/レイ ビームス(レイ ビームス 新宿) 首にややかかるボトルネックの先端が、わずかに波打つディテール。さらにカットソー全体にあしらわれた立体的なシャーリング加工も相まって、淡白な無地が表情豊かに。そでやすそも同様のメロー仕立てで、フリルよりもひかえめな甘さを演出。ちくちく感がなく、ストレスフリー。



インナーでかわる総レース

ブラックレースシャツ 24,200円/ジャーナル スタンダード レサージュ(ジャーナル スタンダード レサージュ 丸の内店) 総レースでマニッシュなシャツを女らしく。はおりとしても活躍。