「優れた柄」とは?|スタイリストに聞いた「見た目で選ぶ前に知っておきたい」5つのこと

全ての画像を見る

高揚感をもたらす一方で、ともすると派手さも気になる、知っておきたい柄アイテムを攻略する方法。「ほどよさ」のあるスタイリングで人気のGISELeスタイリスト・樋口かほりさんにシンプル服とも調和する柄の選び方と、組み合わせ方を聞き込み。

【1】FLOWER
白か黒がベースカラーの「花柄」


花柄というだけで甘さがしっかりとあるので、ベースの色はシャープに見えるものがベター。なかでも見慣れたモノトーンだと、すでにある手持ちのアイテムとも合わせやすいうえ、洗練された印象になります。(樋口さん)


ラフなスエットを上から重ねたワントーンで柄のインパクトを分散
総柄だけど形はシンプルだからレイヤードもしやすいマキシワンピ。コットンなど、ラフな素材ならスエットやデニムにも合わせやすくて簡単。発色のよさも手伝って、辛口派にもとり入れやすいフェミニンさに。

白スエット 24,000円+税/ATON(ATON AOYAMA) 花柄マキシワンピース 6,990円(税込み)/ZARA(ザラ カスタマーサービス) サングラス 35,000円+税/BLANC ロングブーツ 34,000円+税/ダイアナ(ダイアナ 銀座本店) 

【2】STRIPE
「ストライプ」=ゆるい形の中で


ジャケットや美形なパンツなど、キレイめなアイテムを着たいときの「品のいいハズし」として使えるストライプ。柄に知性があるぶんシルエットでゆるさを意識すると、まじめすぎずラフすぎず、ほどよい存在感に落ち着きます。(樋口さん)

▶ショートパンツで

配色も丈も涼しげなパンツでプレーンな黒の長そでに季節感を投影
さわやかさを満喫できる、白×ブルー配色。幼くなりかねないアイテムだから、シックな黒とゴールドが効いたアクセがわりのバッグでエレガントな要素を加算。

黒カーディガン 49,000円+税、黒タンクトップ 26,000円+税/ともにドゥーズィエム クラス(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス オモテサンドウ) ストライプショートパンツ 27,000円+税/THE NEWHOUSE(アーク インク) バッグ 50,000円+税(参考価格)/KARA(ブランドニュース) ローファー 14,900円+税/A de Vivre