【02】「着まわし上手なカラーTシャツ」|品がそなわる「端正なブルー」

全ての画像を見る

Tシャツコーディネートのパターンを増やすべく、PART【01】-【04】に分けて華やぐ色=カラーTシャツの着まわし方をお届けする短期連載企画。今回は【1】でご紹介したワードローブをもとに、「端正なブルーTシャツ」の着方の幅が広がる9つの実践例を公開!

>>「着まわし上手なカラーTシャツ」記事一覧

【着まわすTシャツ】

ノースリーブプルオーバー 5,500円/N.O.R.C 

夏に似合いの清涼感を取り入れる、グレイッシュな白に近いブルー。肩まわりにゆとりがあり、ノースリでも腕をほっそり見せられるうれしいデザイン。

★組み合わせたアイテム
ワードローブの詳細はこちら

A知的な白▼
Bトラッドな小物▼
Cほどよい締め役▼
D茶系はテイスト違いで▼
E気楽なパンツ▼
F強気な黒▼
G白っぽい小物▼

No.01
+定番アイテムを知的にイメチェン


合わせていた白Tシャツをそのまま、ブルーにチェンジ。手軽に涼しげで知的な印象にアップデート。

+ A-1 + B-2
「端正なシャツワンピのインナーに」

まじめな白シャツワンピースは、上品さをくずしすぎないよう「インナーづかい」で明るい水色をのぞかせ、いっそうフレッシュに。全体をさわやかにまとめたぶん、小物で適度な重厚感を補うなら、黒よりナチュラルに使えるブラウン系がベター。

+ B-3 + E-1 + G-3
「メンズボトムをキレイめに昇華」

白Tと一緒だとカジュアル一辺倒なチノパンも、上が淡いブルーになるだけで清潔感のあるたたずまいに。上下とも素材感はラフだから、レザーベルトやパンプスの力を借りてスマートな見た目へアシスト。

No.02 
「まじめな◯◯」に遊びを足せる


よそいき顔のスカートやジャケットさえも脱力させる、Tシャツならではの気楽さにフォーカス。白Tに置きかわる淡いブルーなら、必要以上にハズしすぎず遊びの要素も担ってくれる。

 + A-2 + C-2 + F-2
「まじめな白パンツにはクールな飾りを」

寒色ならではの冷たい印象が作用し、白パンツを凜とした趣へシフト。アニマル柄やスリムな黒のエッジィな小物で飾り、さらにタフな女性像をメイク。ボリューミィな白のワイドパンツですっきり見えをもくろむなら、ノースリタイプのTシャツが有効。

No.03
「グラデーション」が簡単に見える


ブルーのTシャツと濃紺デニムを組み合わせれば、簡単に洗練されたグラデーションルックが完成。Tシャツ=ラフな質感だから、同系色の組み合わせも難しく見えずシンプルな仕上がりに。

 + C-2 + E-2 + F-2
「ラクな上下で冷静な配色」

くすみブルーのTシャツがあれば、デニムとクールな配色で「ラクしてスマート」な見た目がかなう。ブルー系の知的な色みはカジュアルな服ほど好都合。小物を黒に徹して、大人っぽさを意識。