GISELe

2019/09/29

「レザーバッグ」を買うなら注目すべき最旬ルック10選

GISELe編集部

「四角いレザー」

頼れるレザーバッグを新調するなら、品を保ちつついいあんばいに力を抜ける「やわらかな質感」にご注目。コレクションSNAPからヒントを得て、シーンレスな活躍を約束するデザインを紹介します。


コレクションの気分を把握

秋冬コレクションのルックをふり返り、各ブランドのバッグにフォーカス。スムースなレザーバッグの中から、目新しさと実用性を両立するタイプを集めました。


001-ELEGANT SHAPE

くたっとしたハンドバッグが新鮮

MIU MIUが提案したのは、やわらかなカーフを用いたボストンバッグ。くたっとした革の質感と渋めの赤が合わさって、レトロなムードが加速する。


002-NEW CLUTCH BAG

やわらかさゆえのクラッチ持ち

多くのブランドで、BIGサイズのトートバッグがクラッチ化。折り曲げて抱えることで色の主張がおさえられ、鮮やかなバッグを試しても落ち着きを保てる。


003-MINIMAL TOTE

ON/OFFいけるプレーントート

レザートートにありがちなオフィス感をおさえるなら、くすみ色を試すのが効果的。sacaiのように、ムダをそぎ落としたプレーンなバッグなら、洗練度も倍に。


004-MINIMAL TOTE

クラシックなBOX型も豊作

今季のLOUIS VUITTONで印象的だったのが、BOXシルエットのモノグラムバッグ。愛らしい見た目に加えて、しっかりとマチがあるため実用性も抜群。


005-BUCKET FORM

コロンとしたバケツ型も人気

ADEAMやREJINA PYOのショーに登場した、巾着型バッグも女性らしさの演出に有効。大きすぎないサイズとスムースな質感に、知的なムードが漂う。

CREDIT: Photography_Yoshihito Ishizawa(still) Styling_Chisato Takagi Cooperation_AFLO Design_Hazuki Kasai(Ma-hGra) Composition&Text_Riho Nawa