GISELe

2019/10/13

【海外スナップ】ボーダーを愛するファッショニスタの着こなし

GISELe編集部

「ボーダーだけでもいろいろと」

季節・世代を問わずなじみのあるボーダーという定番の柄こそ、新しいデザインにも挑戦できる。旬色や先鋭的な形から着方の工夫まで、特別感のあるカジュアルに仕上がるボーダーを、あらゆる方向からリサーチ。


|着方だっていろいろある|
ボーダー好きからアイディアをひろう

くずしに使ったり、ときには緊張感を持たせたりいろんな役割を担うのがボーダーの強み。定番からユニーク色まで、オシャレ感度を上げる着方を海外ストリートから拝借。


1_MULTI COLOR
なじませるようにベージュパンツ

主役になるマルチカラーのニットには、色の強さを和らげる、ヌーディな色みのパンツを。ゆったりした形でより親しみやすく。


2_USE INNER
かすれた1枚系にリズムづけ

全体がぼやけがちなあいまいな色のワンピース。ボーダーのタートルニットを中に仕込み、メリハリをつけてやぼったさを払拭。


3_SAME COLOR
ワントーンルックを簡単に攻略

デニム×水色ボーダーで、肩ひじ張らずグラデルックが完成。オーバーオールでデニムの面積を多くするとリラックス感が増長。


4_MONOTONE
ハイコントラストもなごませる

お互いをきわ立たせる、白と黒の反対色でのワンツースタイル。肩がけしたモノトーンボーダーがつなぎ役になりやわらかい印象に。

CREDIT: Photography_Kentaro Ogawa(model), Yusuke Tanaka(still) Styling_Natsuko Deguchi Hair&Make-up_Takuma Suga Model_Aurore Design_Tomoki Fukuhara(Ma-hGra) Composition&Text_Mika Shirahige