GISELe

2019/12/21

適度なゆとりでシルエットきれい「主役級ニットパンツ」8選

GISELe編集部

「どっちもいける」ニットパンツ

ヒップラインを拾いやすいニットパンツはつい脇役づかいになりがち。適度に厚みがあり、ゆとりもある、隠さず着られるシルエットであれば、「主役と脇役」両方で活躍できる。主役も張れる8つのタイプでその使いみちの広がりを検証!


01「ややフレアのモヘアニットパンツ」

けば立ちのある質感&ベルボトム型の、凹凸のある見た目で脚をほっそりと。ベージュのソフトな色みがラクーンニットの優雅さを助長し、メンズライクな服とも「ラクしてキレイ」が成立。

 MAIN 
+ BIG PARKA

ラフな白とカジュアルな甘さを表現
ベージュソフトラクーンパンツ 18,000円+税/TODAYFUL(LIFE’s 代官山店) 白フーディ 24,000円+税/エイトン(ザ ストア バイ シー 代官山店) サングラス 19,000円+税/A.D.S.R.(4K) 黒ソックスブーツ 45,000円+税/FABIO RUSCONI(MIDWEST) ボーイッシュなパーカには、ふわふわとした風合いのニットパンツで女性らしく。白×ベージュのやさしげな色みも、くびれた形のニットパンツで単調にならない。


 SUB 
+ LONG COAT

まじめなコートをなごませる
ニットパンツは着まわし。カーキトレンチコート 88,000円+税/ELIN(クルーズ) 赤タートルニット 5,980円+税/STYLEMIXER(バロックジャパンリミテッド) ブラウンパンプス 25,000円+税/TSURU by Mariko Oikawa すそに向けて広がる、下に重みが増したパンツで、重厚感のあるロングコートともバランス良好。ベージュに合う赤タートルを仕込み、ワントーンにリズムづけ。少し長めの丈なら足元の肌感も隠せる。


02「クロップト丈の黒いミラノリブ」

ニットのほっこり感を感じさせない、編み目がつまった黒ニットパンツ。スラックスのイメージではけるため、ゆったりとしたトップスとでもきちんとした雰囲気をつくれる。

 MAIN 
+ COLOR KNIT

くすみ色を力まず締める
黒ニットパンツ 28,000円+税/DES PRES(デ・プレ) ライトグリーンタートルニットプルオーバー 28,000円+税/GALERIE VIE(GALERIE VIE 丸の内店) バッグ 151,800円+税/HATORI(ユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズストア) 黒パンプス 30,000円+税/FABIO RUSCONI(ファビオ ルスコーニ 六本木店) 合わせる色によってはキツく見えがちな黒も、ニットのマイルドな質感があればカラーニットとも波長が合う。広がるすそで、腰まわりだけボリュームが出すぎない。


 SUB 
+ KNIT CARDIGAN

ルーズなはおりに緊張感をプラス
ニットパンツは着まわし。黒ロングカーディガン 28,000円+税/STUNNING LURE(スタニングルアー 青山店) 白ロングTシャツ 18,000円+税/ATON(ATON AOYAMA) 黒ボディバッグ 11,000円+税/ロレーク(エーピー ストゥディオ グランフロント オオサカ) レオパード柄ショートブーツ 35,000円+税/FABIO RUSCONI(ファビオ ルスコーニ 六本木店) ミラノリブのフラットなニットパンツなら、ローゲージニットカーディガンの重たい黒でもすっきり。

CREDIT: Photography_Eizo Kuzukawa Styling_Makiko Iwata Hair&Make-up_Naoyuki Ohgimoto Model_Eva Design_Yoshitatsu Yamaya(Ma-hGra)Composition&Text_Mika Shirahige