GISELe

2020/03/10

着まわし自在のおすすめデニム|絶妙! スキニー未満のあせ色テーパードデニム

GISELe編集部

DENIM DIRECTION

デニム自体も美しくロールチェンジ。特別なときにこそ選びたい、そんな気分で装うのがこれからのデニムの方向性。形や質感にキレイを宿すアイテムを選出し「デニム限定で合わせたい」TPOを含むものの中で、ベストな組み合わせを探りました。


>> LIGHT BLUE STRAIGHT
スキニー未満のあせ色テーパード

表情のある色落ちとスリムな形で無骨さと落ち着きを両立
ブルーテーパードデニムパンツ 32,000円+税/リダン(カオス新宿) シルエットはスキニーよりややゆるく、ストレートより細い理想的な形。淡さのある色みはきちんと見えるシャープな形を選択。


REALLY VIVID
「迷いなくはっきりとした鮮やかな色」

お互いの長所がバランスよく引き出される「デニムと色トップス」。くすみ色全盛の今だけど、デニムだからこそパワーのある色にトライ。鮮やかな色も、ソフトな質感を持つニットでとり入れるのがベスト。

「鮮烈な色に抜けをつくる色落ちブルーのデニムを活用」

デニムは着まわし。赤ワイドスリーブニット 28,000円+税/ENFOLD ベージュロングコート 58,000円+税/メゾン スペシャル ゴールド眼鏡 32,000円+税/レイバン(ルックスオティカジャパン カスタマーサービス) ストール 38,000円+税/アソール メレ(アイネックス) パイソンバレエシューズ 18,000円+税/Dhyana. ゆったりとした形のニットも、ヴィヴィッドな赤に落とし込めば凜とした印象。あせたブルーのデニムと相性も抜群で、シンプルな合わせも無難に見えない。


TRADITIONAL STRIPE
「再注目のストライプで正統派を演出」

カジュアルもTPOが求められる今にうってつけのストライプを、コートの中にいち早くとり入れて。悪目立ちしない細めの縦ラインはよきスパイスにも。

「フェミニンな色で彩ったトラッドなストライプを主役に」

デニムは着まわし。ピンクストライプギャザーブラウス 39,000円+税/ebure 茶リバーコート 40,000円+税/TODAYFUL(LIFE’s 代官山店) フープピアス 8,346円+税/アビステ ブルー巾着バッグ 42,000円+税/VASIC(ヴァジックジャパン) パンプス 20,000円+税/タラントン by ダイアナ(ダイアナ 銀座本店) 長めのカフスと、ウエストがしぼられたシルエットがドレッシー。無骨なデニムと相反する、淡いピンクの細ストライプできちんと感と甘さを投入。


PRECEDING JACKET
「次期定番のジャケットを今始める」

デニムにインテリ感を加えてくれるジャケットをリニューアル。カーディガン感覚でコートの中にも合わせられ、手持ちのインナーとの組み合わせのマイナーチェンジにも一役。

「シャープなノーカラーでボウタイブラウスを楽しむ」

デニムは着まわし。黒ノーカラージャケット 23,000円+税/メゾン スペシャル 白ボウタイブラウス 18,000円+税/Sov.(フィルム) パールネックレス 16,200円+税/アビステ ローファー 29,000円+税/カルチェグラム(デュプレックス) これからのジャケットはノーカラーが新定番の気配。丸みのあるえりではなく、ベストのようにえり元が深く開いたデザインを選択することで、ハイネックや首元に装飾のあるトップスの存在感をほどよく生かしつつ、シャープなイメージに転換できる。


GRACEFUL BLOUSE
「ひとクセ加えたとろみ素材」

奥行きづくりにも不可欠となったツヤ感のあるブラウス。その光沢と好相性な余裕のあるシルエットに、少しの個性を加え、更新されたデザインに注目。

「深みグリーンのボウタイを大げさに見せない色あせ感」

デニムは着まわし。グリーンボウタイブラウス 54,000円+税/ルーム エイト ブラック(オットデザイン) グレーコート 39,000円+税/エトレトウキョウ 茶ハンドバッグ 9,200円+税/Lily Brown(Lily Brown ルミネエスト新宿店) パンプス 14,500円+税/ダイアナ(ダイアナ 銀座本店) グリーンサテンのドラマティックなボウタイブラウスは、デニムで気楽に装って美しくもリアルなバランスに調整。

CREDIT: Photography_Kentaro Ogawa Styling_Yasuko Ishizeki Hair&Make-up_Nobuyuki Shiozawa(mod’s hair) Design_Yuko Shiga(Ma-hGra)Text_Ai Watanabe Composition_Tomoyuki Kaneyama