GISELe

2020/03/23

セレブのイットバッグに急浮上した「グッチ」の新たなバッグラインとは?

GISELe編集部

「グッチ 1955ホースビット」

2020年クルーズコレクションで発表されたアレッサンドロ・ミケーレによる新たなバッグライン「グッチ 1955 ホースビット」。シンプルながらアイコニックな古きよきデザインが現代によみがえり、セレブのイットバッグに急浮上。
※( )のサイズ表記は縦×横×マチ、単位はcmです。



「グッチ 1955 ホースビット」
1.スモールバケットバッグ(25×22×12) 214,000円+税、2.GGスプリーム キャンバス ショルダーバッグ(18×25×8) 240,000円+税、3.ブラックレザー ショルダーバッグ(18×25×8) 268,000円+税/以上グッチ(グッチ ジャパン) 乗馬の世界から着想を得た、ブランドの象徴的なディテールの1つ「ホースビット」のハードウエアが個性と魅力をきわ立たせる新ライン。誕生当時の美しいフォルムはそのまま、ポイントになるディテールをアップデートし、フェミニンで洗練された現代風のモダンなルックスに。実用的で使いやすく、長さ調整可能なショルダーストラップつきで、1の巾着タイプのバケットバッグ、23のオーセンティックなショルダーバッグのほかに、ソフトなメッセンジャーバッグも展開。



Sabine Getty
注目色ブラウンのワントーンコーデがシックな、ジュエリーデザイナーのサビーネ。GGスプリーム キャンバスのバッグをアクセントに。



Alexa Chung
デザイナーとして活躍中のアレクサ。レディなブラウスとマニッシュなジャケットのテイストミックスに、レトロなバッグが好相性。



Clara Luciani
フランスのシンガーソングライター、クララ。70年代テイストなドレスと、ビットローファーに合わせたバッグはクラシックなブラック。
CREDIT: Photography_Seiichi Otsuki Cooperation_AFLO, GettyImages Design_Hana Nishimura(Ma-hGra) Composition&Text_Yuka Higuchi Sabine Getty