GISELe

2020/03/15

海外スナップで見つけた「スカート名人」|GISELeスタイリストが注目した理由は?

GISELe編集部

スカート名人「ここがポイント」解説

GISELeスタイリストたちの協力のもと、スカートをよりよく着る秘策をリサーチ。ストリートSNAPを総覧して見いだしたテクニックの数々を、詳しく解説してもらいました。


KEYWORD 01
メリハリのあるグラデーション

ともするとのっぺり見えてしまう、色の数をしぼった装い。てっとり早く緩急をつけられて、なおかつ感度も高まる選びと合わせを教えてもらいました。


タックINでくびれをメイク

無地ニットとボリューミィなキルティングスカートで、強弱のついたフィット&フレアに。首や腕など、要所要所で素肌を出して抜けをつくったのも高評価。(高木さん)


カーキとグレーの2色づかい

色数を減らすことで、洗練度を上げられるグラデーション。渋い色なら、より上品で大人っぽい気が。似て非なるカーキとグレーの配色が新鮮。(出口奈津子さん)


シアーな質感を一点投入

透け感シャツにプリーツスカートと、ニュアンスのある素材を合わせたのがポイント。質感も色もやわらかく、まとまりのよい感じに惹かれました。(渡邉恵子さん)


ワンピのようにAライン

白Tを見せたりパンプスで軽さを出すことで、上も下も重ためな組み合わせを攻略。白になじませるようにブラウンの小物を加えたのも好バランス。(高木さん)


モードなアイテムだけで

ボリュームそでやアシンメトリースカートなど、尖った印象を与えるデザインが、やさしい色をメリハリづけ。+白ブーツで、さらにシャープな見た目に。(岩田さん)


<STYLIST’S VOICE>
ぼんやり見えやすい白系のグラデーション。エッジの効いたデザインをとり入れると、簡単にメリハリがつくのでオススメ。(岩田槙子さん)
小物も近いトーンでまとめるほうが、スカートの気品が生きると思う。装いが白なら、小物は白かマイルドな茶系もいい。(高木千智さん)

CREDIT: Cooperation_AFLO, Gettyimages Design_Harumi Oi(Ma-hGra) Composition&Text_Riho Nawa