GISELe

2020/04/07

だから今買うべきスキンケア12選|最旬ファッションから逆引きで判明!

GISELe編集部

新調したい「理由があるコスメ」

気持ちが締まる新たな季節の訪れは、「美」への意欲もわきやすいタイミング。そこでコスメの見直しや更新に役立つネタを求め、美容感度の高いプロやインフルエンサーに徹底取材。メイクを楽しむアイディアや肌に自信をくれる名品、オンラインのコスメ事情など…、数々のヒントから今新調すべきコスメをあぶり出します。


先の装いから逆算する
素肌という隙間の要素が、アクセサリーがわりになる季節はもうすぐそこ。そこで「先の装い」を知る6人に肌とボディの春支度について先取りリサーチ。


TOMORROWLAND / PRESS 落合愛菜さん

MAINTENANCE PLAN
「春の黒をゆるめる素肌感」
「ツイードのジャケットがもたらすレディな雰囲気がいきすぎないようジャージー素材のワンピースとヌーディカラーの小物でゆるめて余裕のある仕上がりに。手、足、デコルテも抜けを生む小物と同様の役割」

〈右から〉リバーオブライフ 15mL 6,000円+税/SHIGETA Japan 「デコルテ付近のリンパをマッサージするとラインも気分もすっきり」 ピュリファイング フェイシャル エクスフォリアント 75mL 5,300円+税/イソップ・ジャパン 「週に1度のお手入れとして、フェイシャルのついでにデコルテもクレンジング。スクラブにしてはやわらかいテクスチャーなので皮膚が薄いデコルテにも安心。洗浄後のしっとりとした肌感に病みつきです」

ツイードオープンカラージャケット 48,000円+税/バッカ、ワンピース 37,000円+税/BAUME×TOMORROWLAND、帽子 20,000円+税/LOLA、ショルダーバッグ 23,000円+税/HOZEN、フラットシューズ 39,000円+税/AEYDE(以上TOMORROWLAND) 黒コーデにリズムを生むデコルテの深いV。「さらにベージュ系小物で抜け感を確保」


LIFE’s / DESIGNER 船曳ひろみさん

MAINTENANCE PLAN
「ボディクリームでシンプルに」
「毎日、着がえたあとに肌の見えている場所にボディクリームを塗ることを習慣にしています。シーズン別に特別なお手入れはしなくても日々、続けることがボディメンテナンスにつながるように感じます」

〈右から〉オースティン・オースティン ハンドクリーム 250mL 3,500円+税/LIFE’s 代官山店 「濃密なテクスチャー。一瞬でリフレッシュできるような香りがお気に入り」 リンクオリジナルメーカーズ ボディクリーム 140g 993 3,200円+税/エコケミカルジャパン 「こっくりしたテクスチャーでしっかり保湿できます。毎日のスタイリングに合わせて、肌が露出するパーツに使っています」

ワンピース 16,000円+税、パンツ 9,000円+税、バッグ 9,000円+税、サンダル 26,000円+税/以上TODAYFUL(LIFE’s 代官山店) インに着たチューブトップ/本人私物 「オリジナルのアフリカン柄パンツは春から使えるおすすめの1本」


styling/ / PRESS 花田百栄さん

MAINTENANCE PLAN
「ココロに響く=効果が上がる」
「ボディケアは主に入浴後。寝る前なのでマインドに響く香りやベタつきのない使用感も保湿力と同じくらい大切なセレクト基準です。このコスメでマッサージするとむくみが解消されてぐっすり眠れます」

〈右から〉ファーミングスキン ボディ ローション 200mL 3,600円+税/トリロジー 「肌の弾力が増した気が。しっかり保湿してくれるのにベタつかないので塗ってすぐに服が着られるのもいい」 uka ボディオイル ドリーム 100mL 6,500円+税/uka Tokyo head office 「お風呂上がりにボディマッサージしながら使うと、むくみがすっきり。フランキンセンスやラベンダーの香りに癒されて安眠できます」

スタンドカラーギャザーブラウス 18,000円+税、オーガンジーオーバーラップパンツ 21,000円+税/ともにkei shirahata(styling/ 新宿ルミネ1店) ブーツ/本人私物 「長さのあるボリュームそでなので、レディな印象に落ち着きます」

CREDIT: Photography_Yoshihito Ishizawa(still) Cooperation_AFLO Design_Yuumi Arai(Ma-hGra) Composition&Text_Wakana Akiya, Riho Nawa