GISELe

2020/04/22

間違いない「赤」の着こなし16選|今も昔も色あせないアーカイブから厳選

GISELe編集部

いちばんよかった「あの赤」を

赤は結局のところシンプルなデザインが生きる色。見慣れた赤を「これから」につなげる組み合わせ、見違える+1のアイディアなど、赤がまた好きになる相愛な関係をリサーチ。


TIMELESS RED
「あせない赤・間違いない合わせ」

アイテム、テイスト、着方など、赤の魅力を最大限に生かす確実性のある組み合わせをご紹介。今も昔も変わらず合う、普遍的な赤でできる完成度の高い着こなしを今一度チェック!


1「定番どうしの赤とデニム」

デニムの無骨さに女らしさを宿し、赤の緊張感をほぐしてくれる。互いを支え合うデニム×赤は、往年女優からインフルエンサーにまで愛される不滅のもの。


2「ジェーン・バーキンのフレンチルック」

クラシカルな装いのきちんと感をくずしすぎず、赤で小さく色香を補う。ジェーン・バーキンの淑女な赤の使い方は、キレイめが気分の今、改めて見直したい。


3「高揚感を満たす赤いロゴT」

色だけで強さをもたらす赤は、ロゴTで少量とり入れるだけでもカジュアルな服装に花を添えてくれる。赤い服との色のリンクで、ときにはまとめ役にも。


4「ガーリーなものとハンサムな赤」

パフスリーブブラウスの直球で甘い服に、メンズライクな赤で糖度を下げて。黒だと男っぽくなりがちなところ、赤なら女性らしいたたずまいを保ったまま。

CREDIT: Photography_Kentaro Ogawa(model), Yusuke Tanaka(still) Styling_Yasuko Ishizeki Hair&Make-up_Nobuyuki Shiozawa(mod’s hair) Model_Catharina Cooperation_AFLO, Getty images Design_Yuumi Arai(Ma-hGra) Composition&Text_Mika Shirahige