GISELe

2020/06/20

あいまいなシンプルが今年っぽい|あせた黒デニム&白をまぜたような色T

GISELe編集部

「シンプルによってシンプルが変わる」

着ることだけを目的にしない。着た先に続く楽しみを多く想像できる服の条件として、ハズせないのが「シンプル」であること。新しさとのフィット感、飽きのこない汎用性の高さ、素材感だけで満たされる心地よさ。ふつうでも特別でもない。「シンプル」の解釈を広げることから始まる、ムダのないワードローブのつくり方。


あいまいな服がうまくなる
新たな締め色=黒の中でも「あせたデニム」で

ニュアンスカラーや余白のあるシルエットなど、「あいまいさ」が目立つ今季。簡単に引き締まる黒の中でも、強すぎない「黒デニム」ありきで考えるベストなバランスを検証。


+
BEIGE HALF SLEEVE TOP
「色も形もあいまいなトップスを支える」
半そで以上長そで未満のハンパなスリーブに加え、白とベージュの間のようなニュアンスカラーのリブTシャツ。そのムードを壊すことなく支えるのは「あせた黒」の一択で。

よくあるカジュアルと一線を画す「そでの微差」
ベージュリブTシャツ 13,000円+税/ドゥーズィエム クラス(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店) 黒ウォッシュデニムパンツ 12,000円+税/Lee(リー・ジャパン カスタマーサービス) ベンチに掛けたコート 18,500円+税/N.O.R.C by the line(N.O.R.C) サンダル 6,900円+税/RANDA 定番色どうしなのに全体があせたようなトーンが新しい。


+
MINT GREEN JACKET
「かわいい色でも大人っぽさを保つために」
少し勇気のいるパステルカラーのジャケット。ブルーデニムだとハズしすぎてしまうところ、締めもハズしも担う、細身のあせた黒デニムとならうまくいく。

気楽なモノトーンで支えるだけの単純なアイディア
ミントグリーンジャケット 27,000円+税/シティショップ 白Tシャツ(2枚組) 2,700円+税/ヘインズ(ヘインズブランズ ジャパン カスタマーセンター) 黒デニムパンツ 21,000円+税/RHC(RHC ロンハーマン) パンプス 54,000円+税/ペリーコ(ドレステリア 新宿店) 白Tと黒デニム。難易度の高い淡い色ほど、気どらないモノトーンを軸にすれば失敗しない。

CREDIT: Photography_Masafumi Tanida(CaNN model), Yusuke Tanaka(still) Styling_Kaori Higuchi(KIND) Hair&Make-up_Mai Ozawa(mod's hair) Model_Dee Design_Tomoki Fukuhara(Ma-hGra) Composition&Text_Chiharu Ando