GISELe

2020/07/04

定番の黒×プリーツスカートは「隙がある」といい理由|あいまいプリーツ幅もチェック!

GISELe編集部

「プリーツの中での幅」

本来の軽やかさやフェミニンなムードはそのままに、少しのモード感や強さを兼ねそなえたデザインなど、ここにきて選択肢の広がりを見せたプリーツスカート。そんな多彩なバリエーションの中から、スタイリングに都合よく働く、確かなタイプを厳選。


主張しすぎない「あいまいな幅」がいい理由

「プリーツ未満」のひだのような、いわゆるワッシャー加工。そんなあいまいな「幅」により、プリーツ特有の立体感が前面に出ないことで、スタイリングにもたらされる3つの利点とは?


WHITE GRADATION
「ALL白に親しみをもたらす」
ともするととっつきにくい印象を与えることもあるALL白。どこか親近感を含ませたいなら、「あいまいな幅のプリーツ」がもたらす、エアリーでちょっと甘いニュアンスが最適。

素材のメリハリを強くつけるほどうまくいく
スカート 16,000円+税/ジャーナル スタンダード(ジャーナル スタンダード 表参道) リネンプルオーバー 29,000円+税/CEPIE.(パル) Tシャツ 8,000円+税/モンロー(スピック&スパン ルミネ新宿店) バッグ 19,000円+税/ATON(ATON AOYAMA) パンプス 11,800円+税/Lily Brown(Lily Brown ルミネエスト新宿店) トップスは涼やかでいて、適度な重みとしても作用するリネン。足元はヌーディーなメッシュで軽く。


DUSTY PINK + KHAKI
「コントラストがつきすぎない」
単純といえど、ピンクとカーキといった配色で遊んだワンツールック。強すぎず、かといって退屈にもならない「あいまいなプリーツ」が上下を整えるファクターに。

ブーツでくずして「ありきたり」な見え方を回避
スカート 22,000円+税/ジャーナル スタンダード レサージュ(ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店) プルオーバー 6,300円+税/FRAY I.D(FRAY I.D ルミネ新宿2店) バッグ 5,500円+税/Ungrid ブーツ 39,000円+税/agnes b.(アニエスベー) 足元がきゃしゃなサンダルやパンプスだとちょっとありきたり。重めな足元ならスタイルに安定感が出て、スカートのはかなさがかえって引き立ち、理想的な女っぽさに着地できる。


+ LONG DRESS
「のぞかせる役割に好都合」
デニムでもレースでもない、とはいえはっきりとしたプリーツだとややくどい。ロングワンピからのぞかせるバランスには、このぐらいひかえめな存在感がちょうどいい。

暗色どうしを重ねてデザインドレスに見立てる発想
スカート 17,000円+税/RIM.ARK(バロックジャパンリミテッド) ワンピース 24,000円+税/CLANE(クラネデザイン) ハット 5,900円+税/ベネッリ(ジャーナル スタンダード 表参道) パンプス 33,000円+税/CHEMBUR(マルティニークルコント ルミネ有楽町店) なじみのいいダークカラーに加え、ワンピースとスカートの丈感も近づけることでさらにまとまる。小物はニュートラルカラーでそろえれば季節に応じた抜け感も手に入る。

CREDIT: Photography_Masafumi Tanida(CaNN・model), Yuki Ueda(still) Styling_Makiko Iwata Hair&Make-up_Nobuyuki Shiozawa(mod’s hair) Model_Dee Design_Yoshitatsu Yamaya(Ma-hGra) Text_Yuko Takizawa Composition&Text_Chiharu Ando