GISELe

2020/12/10

プロが見つけたコスパがいいアウター|黒とブラウンはオーバーサイズが鉄則

GISELe編集部

アウター選びの「1・2・3」

プロに聞いた今季オススメしたい頼れるアウター。素材や形などを更新して、ベストな1枚を見つけるための3つのポイントは? 比較的手に入れやすい価格帯を中心に選抜。

【画像一覧】すべてのアイテム


UPDATE STANDARD
黒とブラウンは「オーバーサイズでシンプル以上」

見慣れた黒とブラウンのコートこそ個性のある素材やデザインを求めたい。長め丈・幅広のゆとりのある、落ち着く形の中から選ばれたものは?


01. KNIT GOWN

1. 適度に華やぐ起毛感
2. アームホールが広いロング丈
3. 何かと入る大きめポケット
ブラウンモヘアアルパカロングカーディガン 29,000円+税/ドレステリア(ドレステリア 新宿店) 長丈なのに軽量なのが魅力。茶色にやわらかいモヘアの質感で甘さを適量足せる(渡邉さん)


02. TWEED COAT

1. きちんと感のあるツイード
2. ざっくりとはおれるポンチョ型
3. レイヤードしやすい薄手素材
ポンチョコート 42,000円+税/PUBLIC TOKYO(パブリックトウキョウ 渋谷店) 上品なツイード柄でもビッグフォルムなのでコンサバになりすぎずに気楽にまとえます(高木さん)


03. RED BROWN

1. 女っぽさが高まる赤茶
2. 使いやすいノーカラー
3. ベルトつきで細見え効果
赤茶ガウンコート 29,000円+税/PUBLIC TOKYO(パブリック トウキョウ 渋谷店) ブラウンに飽きたとき赤みがかった茶色で少し気分を変えたい。ノーカラーでタートルとも好相性(渡邉さん)

CREDIT: Photography_Koichi Sakata, Yuki Ueda Design_Hiromi Fujiwara(Ma-hGra) Text_Yuko Igarashi Composition_Mika Shirahige