GISELe

2020/12/10

今季人気の「白系アウター」とは?|丈長でやさしい質感が鍵

GISELe編集部

アウター選びの「1・2・3」

プロに聞いた今季オススメしたい頼れるアウター。素材や形などを更新して、ベストな1枚を見つけるための3つのポイントは? 比較的手に入れやすい価格帯を中心に選抜。

すべての白系アウターを【画像一覧】で見る


SOFT AND SMART
「やさしい質感で丈長な白っぽい定番色」

ウールやニットなどのくたっとした素材で、白っぽい色のアウターをさらにしなやかにまとうのが今気分。膨張して見えないディテールに注目。


01. BIG COLLAR IVORY

1. 目立ちづらいポケットデザイン
2. ゆとりのあるワイドなそで口
3. 薄手の生地感でガウン的にも
アイボリーえりデザインハーフコート 24,000円+税/ミラ オーウェン 顔まわり+首元をすっきりと見せる、大きなえりが特徴。着ぶくれがちな色に立体的なデザインがアクセントを(出口さん)


02. LOOSE×NOCOLLAR

1. 前後差のある丈でメリハリを
2. 少量の黒でアクセントづけ
3. 丸みを帯びたすそのデザイン
ウォレットジャケット 25,000円+税/ソブ(フィルム) インナーダウンとしても使える、やわらかい&軽い生地。ちらりと見える内側の濃いブラウンがソフトなベージュを引き締め(高木さん)


03. FUR VEST

1. ビッグポケットつきで便利
2. 見た目に反して軽いファー素材
3. 小顔効果の高いボリューミィなフード
フェイクファーロングベスト 36,000円+税/GAYNOR BONGARD(スピック&スパン ルミネ新宿店) ロングジレの更新に長丈のファーを。フーディーでファーを親しみやすく(渡邉さん)

CREDIT: Photography_Koichi Sakata, Yuki Ueda Design_Hiromi Fujiwara(Ma-hGra) Text_Yuko Igarashi Composition_Mika Shirahige