GISELe

2020/12/15

ニットが「目覚める」│シャープで品がいいジュエリー使いとは?

GISELe編集部

「ニットが目覚めるジュエリー」

ニットを今以上に輝かせるために、小さなところに手をかける。やわらかな風合いのニットを目覚めさせるようにツヤや光を補うイマジネーション。

【画像一覧】すべてのスタイリングはこちら

day 1
Volume silver ring
「ニットに甘えて強気なシルバー」

色みもデザインも甘さを含んだニットを裏切るように、冷たいシルバーでデコレーション。そのうえ重厚なリングをいくつも欲張って、意表をついたバランスに。

Sweet knit + Volume silver ring
かわいい白の空気を変える硬派なシルバーのインパクト
〈右手〉(人さし指) ボリュームリング 28,000円+税/エナソルーナ (薬指・上) ねじれリング 26,000円+税/MAIDEN (薬指・下)スクエアリング 19,500円+税/DO-LA 〈左手〉(薬指・小指)2連リング 24,000円+税/LON (人さし指)スクエアリング 28,000円+税/END(ギャラリー・オブ・オーセンティック) 白ニット 35,000円+税/FUMIE TANAKA(ドール) デニムパンツ 4,990円+税/Gap(Gap新宿フラッグス店) 「手元が主役」といってもいい、個性をぶつけたそでとリングのトゥーマッチ。ニットとデニムという安心感が強さをやわらげてくれる。

CREDIT: Photography_Saki Omi(io・model), Koich Sakata(still) Styling_Chisato Takagi Hair&Make-up_Tomoko Okada(TRON) Model_Ruby Design_Tomoki Fukuhara(Ma-hGra) Composition&Text_Chiharu Ando