GISELe

2021/11/21

ニットとヘアのいい関係:「凝らないプロの技」でキレイに見違える

GISELe編集部

ニットとヘアの関係性

シルエットも質感もさまざま。そんなニットの印象を操作するヘアは、自由度が高いぶん、奥が深い。明日からのヒントになる担当ヘアメイクの解説とともに、もっと楽しく、可愛く、キレイにニットを楽しむアイディアをご紹介します。


TOPICS.1
ニットだからいい「あどけなさ」

ニットの素朴さを利用して、ヘアにもちょっぴり少女っぽさを残したある意味「ひねらない」発想。アレンジのさじ加減やニットの抜け感を計算すれば、ただ幼いだけには終わらない。

-肌見せニットとガールなボブ-
「Vネックで強調される鎖骨の艶っぽさには“かわいい”ヘアがちょうどいい。パウダリーのヘアスプレーでボリュームを出したドライなクセ毛風ボブのセンターわけで、あえてレトロに仕上げたのがポイントです。ざっくり開いたVネックニットでもいやみのないセンシュアルに落ち着きます」(担当ヘアメイク:岡田知子さん)



-メンズライクをくずすために-
「セットアップとローファーを合わせたストレートにメンズライクなニットスタイルだったので、ヘアはわかりやすくかわいい三つ編みに。おくれ毛が出ないよう、ぎゅっとタイトに結び、かえってヘアに抜け感を出さないほうが、そのやぼったさがプラスに働いてこなれて見える。リップも強めの赤を選び、遊び心のある女性像をイメージしました」(担当ヘアメイク:扇本尚幸さん)



TOPICS.2
ひとつ結びにもいろいろある

首まわりの重みを理由に、タートルネックを着る日はついひとつ結びに頼りがち。結ぶ高さや位置にこだわって、「とりあえず」じゃないニットに適したまとめ方を選択。

-流れを止めないゆれるポニー-
「ニットの質感を上質に見せるため、クリーム系のスタイリング剤にオイルをまぜて髪全体にツヤ感を出しました。高すぎず低すぎずの位置で髪を1つに結び、ニットにゆるやかに沿った、流れるようなポニーテールに」(担当ヘアメイク:スガタクマさん)



-ハンサムを助長する高め位置-
「ニット×デニムは、そのままだとカジュアルな印象。ややアーバンな印象を与えつつ、タートルネックのクラシカルさを助長するためケイト・スペード的なイメージでハイポニーテールに。都会的で品があるけど、少しメンズな要素もあるバランスに仕上げました」(担当ヘアメイク:塩澤延之さん)



-ムードが漂う「ちょっと下」-
「ふつうに1つで結ぶと首まわりがさみしくなりそうなシンプルニット。わざと重心を落としてボリュームを出し、後ろ姿にレディなニュアンスを」(担当ヘアメイク:扇本尚幸さん)



TOPICS.3
ニットにならってカジュアルでいい

ときにはニットのテンションに合わせて、無造作感を楽しむのも手。とはいえ、意識すると難しい自然体。手抜きには陥らない計算された抜け感を検証。

-2枚重ねたぶん「上」は軽く-
「ニットのレイヤードを主役にしたかったので、首まわりのヘアはスッキリと。黒とグレーのごくベーシックな配色を地味に見せないように、カジュアルなアップと赤いリップをかけ合わせたポジティブなバランスを意識しました」(担当ヘアメイク:小澤麻衣さん)



-海外SNAP風ハーフトップノット-
「コンサバにならないよう、メンズっぽいカジュアルにくずせるアップスタイルに。通常はゴールデンポイントに向かって毛流れを整えますが、このときはほぼ真上に直線上に毛流れを持っていくことでマニッシュさを表現したのがポイントです」(担当ヘアメイク:塩澤延之さん)



-ニットもヘアもざっくり-
「エフォートレスなALL白のニットルックには、清潔感と抜け感が大切。手入れの行き届いたヘアをスッキリまとめるだけで、スタイルが生まれます」(担当ヘアメイク:岡田知子さん)

CREDIT: Composition&Text_GISELe

RECOMMENDED