GISELe

2021/02/27

あなどれない「ソックスの組み合わせ方」こなれ感を生む4つの効能とは?

GISELe編集部

「ボトム+ソックス+靴」三位一体の実例集

上半身に重みが増す季節ほど、バランスよく整えるためのボトム+靴はしぼられる。そんな落ち着くセットの間にはさんで気分転換を図れる、ソックスの組み合わせアイディアを総覧。
※掲載したコーディネートはすべて過去のGISELeで紹介したものです。


「4つの役割で定番ソックスを分類する」

ほっこりしがち、重みが気になるetc. 冬の装いで陥りがちな問題を解決する、ベーシックなソックスの活用法をご紹介。足元をあたためる以上にプラスの作用をもたらす、それぞれの役割とは?

【画像一覧】すべてのソックス活用法はこちら


01
「重みをそぐ」

重量感のあるスタイルを「黒と白」2色ですっきり化
ルーズなシルエットや暗色合わせなど、重たい服装にメリハリをつけるべく、タイトな白・黒ソックスを投入。ローヒールシューズとの、ぽってり見えがちな靴合わせも、シャープに整う。


02
「デニムを正す」

正統派なソックス&靴でラフなボトムをくずさずはく
小さくても緊張感のある、クリーンな白のソックスを利用すれば、直球でカジュアルなデニムもきちんとした印象に。+ポインテッドトゥのパンプスなど、キレイめに品よくまとめて大人っぽく。


03
「なじませる」

ソフトな色だけにしぼって力まずスマートに
ベージュや白をメインとした、やさしい色みの服には、雰囲気をくずさないよう、ソックスもあいまいな色に統一。全身でワントーンっぽい配色にすると、やわらかいムードのまま、すっきり見える。


04
「脚を伸ばす」

引き締め力の高い黒とスリムなボトムのコンビ
タイトスカートや細身パンツのIラインを強調するように、黒のソックス&タイツをプラス。ボトムか靴のどちらかを、ソックスとカラーリンクすると、必然的に脚のラインも細く長く仕上がる。

CREDIT: Design_Yuumi Arai(Ma-hGra) Composition&Text_Mika Shirahige

RECOMMENDED