GISELe

2021/04/24

品よく「きちんと着られるスエット」8選|適度にはずし、上品に転ばせる

GISELe編集部

「ニットのように」スエットを選ぶ

重ね着上手なシルエットや品格を高めるなめらかな質感。「ニットの選択基準」をスエットに置きかえてみると? 多彩なボトムを整え、キレイめな仕上がりも望めるニットの役割をこれからはスエットに託して。


(クラシカルな装いの新たな一手)
ハイゲージニットのような「コンパクトな形」

ショート丈や細身シルエットの、きちんと着られるスエットは正統派な服装の「適度なはずし」としても有効。ベーシックカラー+つまりぎみのネックラインで、いっそう上品に転ばせて。

【画像一覧】きちんと着られる品のいいスエット8選


>> HANDSOME

クリーンな白スエットと好感度の高いマニッシュスタイル

白ロゴスエット 17,000円+税/アニエスベー プール アダム エ ロペ(アダム エ ロペ) ジャケット(3月末発売) 17,400円(税込み)/バナナ・リパブリック パンツ 13,000円+税/アーバンリサーチ(アーバンリサーチ ルミネ新宿店) ベルト 12,000円+税/メゾン ボワネ(デミルクス ビームス 新宿) ベージュパンツ+白ジャケットと淡めのトーンで統一すると、清潔感のあるルックスに格上げ。ベルトを加え、ややゆとりのあるスエットをスマートに引き寄せ。


>> LUXELADY

パール×フレアスカートの甘いセットをカジュアルダウン

グレースエット 13,000円+税/ドレステリア(ドレステリア 新宿店) 白スカート 15,000円+税/アダム エ ロペ パール&チェーンネックレス 6,000円(税込み)/アルアバイル ハイゲージニットだとLADYに傾きすぎるところ、グレースエットのラフな面持ちでちょうどいいあんばいに。コンパクトなシルエットだから、女性らしさも保てる。

CREDIT: 2021年4月号 Photography_Yusuke Raika(aosora・model) Yuki Ueda(still) Styling_Chisato Takagi Hair&Make-up_Nobuyuki Shiozawa(mod’s hair) Model_Kira Design_Yuumi Arai(Ma-hGra) Composition&Text_Mika Shirahige