GISELe

2021/05/25

黒はそのまま「白に差を」|モノトーンが極まる2つの方法

GISELe編集部

「極まるモノトーン」

究極の定番色・白と黒の組み合わせで注目すべきは「白」の使い方。シンプルな見た目はそのままに「今に向く」モノトーンの作り方。

【スタイリング画像一覧はこちら】

【1】
テイストとシルエットに差を

☑「キレイを促す白」と
「コンパクトな黒」


白にはゆるさや甘さなどの特徴を白に、黒はそれを支えてバランスを整える正統派を起用。白アイテムが多彩な今季は、まず白からモノトーンに前向きな変化を求めて。

【STYLE-A】
▶素材とシルエットの差

スムースな黒とドライな白。
素材も真逆でシンプル以上へ


ストールがわりに白のスエットをたずさえて、シンプルな中に立体感をプラス。 

黒Tシャツ 10,450円/ソブ(フィルム) 手に持ったスエット 26,400円/ATON(ATON AOYAMA) 白リネンパンツ 15,400円/フレームワーク(フレームワーク ルミネ新宿店) サングラス 42,900円/アイヴァン(アイヴァン PR) バッグ 63,800円/elleme(マルティニークルコント ルミネ有楽町) サンダル 35,200円/PIPPICHIC(ベイジュ)


【STYLE-B】
▶テイストの差

甘い白とハンサムな黒。
更新しがいのある相性のいい関係

引き続き注目の集まる白ブラウスは、リネンに置きかえてナチュラルなムードにシフトチェンジ。

白セーラーカラーリネンブラウス 33,000円/ユナイテッドアローズ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店) 黒スラックスパンツ 11,000円/N.O.R.C by the line(N.O.R.C) ピアス 3,190円/AKTE バッグ 40,700円/INES BRESSAND(ギャルリー・ヴィー 丸の内店) インナー/スタイリスト私物 


CREDIT: Photography_Masafumi Tanida(CaNN), Yusuke Tanaka(still) Styling_Kaori Higuchi(KIND) Hair&Make-up_Mai Ozawa(mod’s hair) Model_Oliwia Design_Yuko Shiga(Ma-hGra) Text_Eri Umeda Composition&Text_Chiharu Ando