GISELe

2021/05/18

【明日なに着る?】♯017 「黒の代わりのブラウン」

GISELe編集部

深みをつくる茶系のTシャツ

組み合わせ方や注目のアイテム、さらにはこれから着たい服探しにも役立つ、最新コーディネートを毎日更新してお届け中!

【明日なに着る?】一覧はこちら

【♯017】
黒好きにおすすめの
「ビターなブラウン」

配色にも幅を生む
これからのベースカラーの1つ

たとえば、今まで合わせていた黒を、そのままブラウンに変更。モノトーンもマイルドに、ベージュは濃淡のついたグラデ配色に、ピンクやイエローなどのキレイな色とも好相性。黒のようにシックで、それよりもやさしげな仕上がり。そして配色の幅も広がるブラウンは、上下のワンツーで完結する夏にこそ必要なベーシックカラー。

【POINT】
☑使いやすくリッチに見えるのは
黒に近いようなビターな色み。
☑ブラウンは+黒などダークトーンの
重さを緩和する役割としても活躍。

【CLIMATE】
EARLY SUMMER
25°C↔17°C

ブラウンロールアップTシャツ 9,900円/marmors(MICA & DEAL 恵比寿本店) 黒スカート 46,200円/チノ(モールド) ゴールドリングセット(限定店舗と公式オンラインにて発売) 1,799円/lemlem × H&M(H&M カスタマーサービス) 黒サンダル 15,400円/CITY(ステュディオス ウィメンズ 表参道店) ゆれるスカートで重めな黒に隙をつくり、トップスには黒に近いブラウンを起用。「黒&黒っぽい」配色で黒のワントーンに新たなレパートリーを追加。


【GISELe最新号】をCHECK!
CREDIT: Composition&Text_GISELe