GISELe

2021/09/06

着まわしで実証!ほぼどんな服にも合う「グレーの美ストレートパンツ」

GISELe編集部

秋から再活躍する、肉感を拾わずに脚を細く補整する、やや厚みがあるテーパードパンツ。今季は白もベージュも黒も、淡色も鮮やか色も。配色の幅が大きく広がる旬のグレーに注目。濃いグレー×センタープレスのスーツのような、チャコールグレーのパンツならどんなテイストMIXも、背筋が伸びた印象で大人な仕上がりに。


01

「ドレッシーを日常にとり込む」
華やぎのあるシアーなコートやつやめくトップスも、まじめなパンツ1本でリアリティのある表情へ。すそに向けて細いシャープな形だから全体がすっきりまとまる。


02

「抜けもつくりつつスマートに」
白シャツにキレイめな黒のパンツだと堅苦しくなりがち。明度の低いグレーの渋い色みが、きちんとさを維持しつつ、こなれ感をかもし出す深みも加算。


03

「かわいいブラウンをキレよく」
ややかたい生地の端正なパンツとなら、パフスリーブトップスのガーリーさも適度になごむ。ニュアンシーな配色には、ベルトを加えて緩急を。


04

「重ねて黒に奥行きを」
重ね着してももたつかない、スリムなボトムライン。ゆったりとした黒の1枚系に抑揚を与えつつ、縦のラインも強化できて、脇役としても活躍。

➤パンツスタイルが上手な人「8つの共通点」
➤スタイリストが教える丨パンツ選びの「ズレを無くす視点」
CREDIT: Composition&Text_GISELe

RECOMMENDED