「女性は血流が滞りやすいから」頭皮マッサージでのぞめる「根本解決」3つの効果

全ての画像を見る

いつものお風呂タイムに組み入れたい「頭皮マッサージ習慣」。髪にいいとは周知のとおりですが、思っている以上に重要かも。髪の悩みを抱えている人にも有効な頭皮マッサージに、あらためてスポットを当てて。

【関連記事】
≫【全12選】どうせ…と言わずに試すべき「密かに美髪」の専門コスメ


頭皮マッサージでのぞめる3つの効果

たとえば薄毛の原因のひとつとして言われているのは「女性の場合、男性よりも筋肉量が少ないため血流が滞りやすい」ということ。冷えやむくみによる血管収縮も避けるべく、薄毛対策としても頭皮マッサージは積極的に。


1.血行促進
こりかたまった頭皮をもみほぐすと、血流が促されて育毛に好影響。髪のもととなる栄養は血液によって頭皮へと運ばれるため、頭皮マッサージによって十分な栄養が運搬されれば、その分健康な髪が育ちやすく。血液の流れが悪くなると髪の成長も鈍くなり、髪がやせたり抜け毛が増えたりするおそれが。

2.顔のリフトアップ
肌のたるみやくすみを解消したい方にもおすすめ。頭皮と顔は一枚の皮膚でつながっているため、頭皮をほぐせば顔のリフトアップ効果も期待できる。血行促進によって肌のトーンもアップ。

3.リラックス効果
頭部には多数のツボが存在。その代表的なツボが「百会(ひゃくえ)」。百会は両耳を結んだところと鼻の中央線が交わるところに位置。自律神経が整えられ、ストレスや不眠の解消にも効果があると言われているツボ。

注意点!
マッサージのやりすぎで起こる頭皮の乾燥。たとえばお風呂で長時間シャンプーがついたままだと頭皮が乾燥しやすくなり、必要な皮脂まで洗い流せば、フケやかゆみなどのトラブルが起こりやすくなるので、ご注意を。

キーワードは「根本から」
美容通たちの「美髪効果を実感しているアイテム

スカルプケアしながらも皮脂を落としすぎない

「シャンプー&トリートメントはケチらないことが大切です。使っているのが、シャンプーなのにスクラブ効果がある「イネス」のジェントルスクラブクレンズ(オープン価格・写真左)とクレイ成分配合トリートメントのタラソスパクリーム(3,300円・編集部調べ。写真右)。

どちらも頭皮の血行促進をするものですが、やさしい使用感で必要以上に皮脂を落とさないので髪がギシギシしない。シャンプー時は“uka”のケンザン(2,200円・編集部調べ)を使用」(常岡珠希さん:化粧品会社経営)


キーワードは「根本から」
≫【全6選】美容通たちの「美髪効果を実感しているアイテム」をすべて見る