ヘア&メイク直伝「ヘアゴム・ヘアピンだけで」飾らないまとめ髪のテクニック【5選】

全ての画像を見る

シュシュやカチューシャなど小物で簡単にまとめ髪&ヘアアレンジに加え、ヘアアクセいらずで簡単オシャレに仕上がるヘアアレンジ法をGISELeでおなじみのヘア&メイクに取材。誌面でご紹介したスタイリングを振り返りながら「ヘアゴム・ヘアピンだけで」つくるまとめ髪のテクニックをご紹介。(※写真はすべてバックナンバーのものです)

(関連記事)
≫ヘアメイクが教える「ヘアアクセの選び方・使い方」【12選】シンプルな服を飾る「簡単ヘアアレンジ」


【服を引き立たてる飾らないアレンジ】


ヘアゴムやヘアピンだけで、何とおりものアレンジレシピを有するヘア&メイク。服に応じて変化をつけるバランス感覚を掘り下げて取材。


001

トップスの印象を左右する
「ポニーテールの高さ」と「ヘアゴムの有無」


結ぶ位置が高いほどカジュアル、低いと落ち着きがあってクラシカル。高めに結ぶことで目尻が引っぱられるので、表情まで自然とシャープに。髪の質感がウエットかドライか、ヘアゴムを目立たせるかなじませるかでも見え方が変わります。

右のように「ドライヘア+ヘアゴムを見せる」だと無造作感が出るし、中央のように「ウエットヘア+髪を巻きつけてヘアゴムを隠す」アレンジだと、タフな女性像を演出できます(塩澤さん)。

002

甘さをおさえるための「おくれ毛」


手軽な1つ結びに「手をかけた感」を出したくて、髪を巻いてニュアンスをつけました。ポニーテール特有の少女感をおさえるため、わざとおくれ毛は多めに。毛の細い人やハイトーンの人だと、外国人風のオシャレな雑さがかないます(木部明美さん)

003

完璧にしたくない日の「外国製のピン」


最近よく使うフランス製のヘアピンは、外国人の髪用だからかとにかくうまくとまらない(笑)。日本のものはきつくとまるものが多く、それとは違う気の抜けたゆるさや微妙なニュアンスが意表を突いてかわいい。カジュアルな服とも相愛(塩澤さん)

004

カラーメイクのかわりに「カラーゴム」


軽さとカジュアル感が欲しくて、春先はカラーゴムをよく使っていました。淡いピンクのマスカラなど、メイクでも色ものをアクセントにすることが多いのですが、それをヘアに落とし込む感覚。ヘアゴムなら主張しすぎなくていい(スガタクマさん)

005

「印象をそぎ落とす」ために結ぶ


かわいくしたい、凝って見せたいという目的で髪を結ぶのが一般的ですが、僕の場合、「髪以外」を引き立たせるために後ろで束ねることも。なびく髪があるとエレガントに見えやすいので、その要素をなくして服の印象を強調させました(塩澤延之さん)

≫夏のアクセは「髪飾り」【22選】簡単アレンジも映えるヘアアクセサリーをすべて見る