なぜ惹かれる?スタイリストが明かす「シンプルなのにオシャレに見える」ジャケットスタイルの秘訣【4選】

ジャケット上手のポイントをスタイリストが解説!

えりを正した装いがしたくなるシーズンはじめ。定番化したゆったりシルエットの服、淡い色、カラーアイテムなど、さまざまな服をうまくまとめてくれるジャケットは、コーディネートの調整役にも欠かせない存在。サイズ&丈感や色、組み合わせなど海外のジャケット上手たちが実践する技をGISELe(ジゼル)スタイリストたちが隅々まで分析!


1.MIMIC THE TONE
薄色デニムはグレーでグラデっぽく

樋口さん:淡いブルーデニムとグレージャケットの、どことなくワントーン風に着たテクニックは、デニムのカジュアルさを自然にうすめることができ、参考になります。 岩田さん:ソフトな配色や、グッドガール風の小ぶりなバッグなど、ちょっとずつコンサバ要素を入れているのも、デニムをちゃんと見せるポイント。



2.ACCESORIES GREEN
遊び心のあるチェックジャケット

出口さん:キレイめな黒やインディゴのデニムとなら、アクセントになるグリーンチェックジャケットも挑戦しやすいと思います。柄の中の1色とバッグの色をリンクさるのもまとまりよく色をとり入れるポイント。


3.FEMININE&MUSCULINE
ミニマムなフォルムにドット柄で意外性

渡邉さん:Iラインでまとめたシックな黒とブラウンの地味さやもの足りなさを解消してくれる、ポップなドット柄。渋いブラウンだから、かわいい柄もキャッチーになりすぎず品を保持。


4.ALL WHITE
ワンピースならオール白も簡単

高木さん:ニットワンピ+コンバースの気楽な装いの上に、色をそろえてはおるだけ。他の色にも応用が利くと思います。ジャケット感がほどよく薄れて、親しみやすく変われる。


≫【全16選】コーディネートで見る「ジャケット選びに役立つ」実例集も見る


【STYLIST】
・渡邉恵子さん
実際の着用感まで想像の行き届いた提案に支持が集まる。選ばれた服は実用性とスタイルアップの強みを兼ねるものばかり。

・岩田槙子さん
女性らしさが引き立つ色と形の選定に定評が。着まわし企画を担当することも多く、シーンレスな服選びにも長けている。

・樋口かほりさん
シンプルな服を基調としながら、今っぽさを感じられるシルエット選びが得意。大人に適した甘さのさじ加減も絶妙。

・高木千智さん
メンズライクな風合いをとり入れた、辛口な装いが人気。アクセやインナーの効かせ方など、新鮮見えのアイディアも熟知。

・出口奈津子さん
力を抜いて着られるデザインが定番。ラフに見せず都会的に引き上げるディテールや素材の選択に、審美眼とこだわりが光る。