GISELe

2020/09/29

気分があがる「キレイ色」アイテム3選|定番カラーにプラスするといい理由

GISELe編集部

「またその4色?」が変わるもの

安定感のある白と黒、気品漂うベージュ、それらに深みをもたらすブラウン。結局のところ手にとってしまうこの万能な4色のシンプルなイメージを上回ることで導き出される多くの発見。落ち着く配色をいいことに、楽しみが広がっていくワードローブプランを追跡。

定番4色の幅が広がる「キレイ色」アイテムを一覧で


「色を加えて」さらに変わっていく
スタイリングに幅を出したり、バランスをよりよく整えたり。必要な「先色」をプラスしていくことで広がる、4色の新たな可能性を追求。


「+キレイ色」なら行き先が増える

装いの気分を瞬時に変えてくれる、主張のあるキレイ色。4色にさらなるプラスのイメージを補うため、よりさらに多くのシーンにも対応可能。


「意外と簡単な高発色な赤」
一見主張が強いかと思いきや、淡色にとっては黒のような締め役となり、濃色と合わせても沈まない、都合のいい色。シンプルなデザインなら、汎用性も高い。

赤ハイネックニットトップス 22,000円+税/Theory(リンク・セオリー・ジャパン)


「ベージュの気分転換にイエロー」
ベージュと同じように使える、クリームがかったやさしいイエロー。ぱっと見が明るくなるぶん、似たような色みでも印象が華やぐ。

スエット 6,000円+税/SLY(バロックジャパンリミテッド) 4XLのビッグサイズ。


「かわいいだけじゃないピンク」
すらりとした細身シルエットに加えて、彩度を落とすことで高級感が高まるピンク。ベージュの淡さとはまた違う、はかなさと女らしさがシンプルを格上げ。

ピンクタックパンツ 6,980円+税/STYLEMIXER(バロックジャパンリミテッド)


@work

シルエットのまじめさに親しみをもたらすピンクの効能

黒カーディガン 22,000円+税/BATONER ピンクタックパンツ 6,980円+税/STYLEMIXER(バロックジャパンリミテッド) 黒ハンドバッグ 21,800円+税/YAHKI(ショールーム セッション) 黒サンダル 9,800円+税/kiwi(ROSE BUD 新宿店) インナー/スタイリスト私物 キレイめな黒カーデに細身のパンツ。ノーブルなピンクのハズしが入ると、シックな色だけでまとめるよりもやわらかく、エフォートレスに変われる。

CREDIT: Photography_Gori Kuramoto(Pygmy Company・model), Yuki Ueda(still) Styling_Keiko Watanabe(KIND) Hair&Make-up_Nobuyuki Shiozawa(mod’s hair) Model_Diana Design_Kyotaro Yabuta(Ma-hGra) Composition&Text_Miyuki Kikuchi