GISELe

2021/11/20

どう着る?【黒ニット43スタイル】テーマ別コーディネート実例集

GISELe編集部

「あの手この手で」黒ニット

あらゆる配色やデザインも簡単に仕上げる黒ニットは、まさに新しいスタイルを作っていく軸となる服。きちんと着たい日・リラックスしたい日の着分け方、スタイルの軸になる黒タートルを上手な使い方の2パートに渡って試したいオシャレを引き寄せる、多彩な着方のアイディアをまとめました。



-PART1-
「黒ニットであの日・この日」

週3頻度で頼りになる黒ニットをきちんと着たい日、リラックスしたい日でテイスト分けして、着こなしをシミュレーション。気分やTPOでスタイリングを楽しめるのも、受け止め幅の広い黒ならでは。


1.HONDSOME
黒の長所を生かして辛口に


-WEEKDAY-
【エッジィな服を直球でスマートに】

ムダのないシンプルな黒タートルの魅力を生かし、直線的なシルエットや強さのある色を組み合わせ。緊張感のあるものを黒ニットで「きちんとモード」に仕上げて。


-WEEKEND-
【ビッグサイズの黒ニットが主役】


黒ニットをゆるいサイジングにシフト。隙のあるフォルムには逆に、きちんとしたボトムを合わせ、足元はスニーカーやローファーで抜けば「ちょうどいい」カジュアルバランスに仕上がる。



2.FEMININE
黒があるから程よいさじ加減に


-WEEKDAY-
【旬のくすみ色スカートで品よく】

トレンドカラーのグレーやベージュ。あいまいな色のスカートに好相性な黒ニットで適度な強さを。やわらかさとタフさをそなえた、好感度の高いLADYな装い。


-WEEKEND-
【柄や甘いデザインでリラックス】

花柄やドットスカートなどかわいいものを試すときも、シックにまとまるコンパクトな黒ニットを基本に。ニットのやさしい風合いがあることで、上品にまとまる。



3.CASUAL
【黒がゆるみを引き締める】


-WEEKDAY-
【キレイめなオーバーサイズを重ねて】

ジャストサイズよりも定番なのは、ゆるっとしたサイズ感のトップスやアウター。キレイめな服こそ、そんなシルエットの余白でリラックス感を。そんなシルエットを引き締めて緊張感をもたらす黒ニットも、コンパクトなものなら、上下ゆったりとしたシルエットの組み合わせでも、すっきり見える。


-WEEKEND-
【アクティブな服を品よく】


ともすると幼くなりがちなアクティブなアイテムをコンパクトな美形ニットや、ふわふわのモヘアで甘さを出すことで大人っぽく、落ち着いた印象に。おかげでスニーカーなど、スポーティなものもラフに見えない効果的なハズしとして作用。


CREDIT: Composition&Text_GISELe

RECOMMENDED