GISELe

2021/02/14

好きな服の出番が増える| 7つの「スタイリングメソッド」

GISELe編集部

「組み合わせのアイディア」

初めて手にした理由をもう一度思い出させてくれたり、意外な発見で今ある服の価値が高まったり。着るたびに「好き」が増すスタイリングの手数は、多ければ多いほどいい。着方のバリエーションだけではない。クローゼットの見直しや逆転の発想を加えた、さらなる「服の出番」の増やし方。

【画像一覧】すべてのスタイリングメソッド

服の数より「好きの数」を増やす
マンネリを感じるとき。新たな服を手に入れる前に新たな着方・新たな視点で可能性を見いだしたい。それを楽しみ尽くしたら、次に必要なものも明確に。


「組み合わせのアイディア」
好きで手にした服だから、組み合わせるごとに好きが増すことに期待をこめて。気分転換を意識した、7つのスタイリングメソッド。


STYLE / 01
「ストールと服を一体化」

服に足すのではなく、服にとけ込ませるような感覚でストールを採用。同系色でそろえてベルトを使い、「もう1つのはおり」のように同化させればデザイン性豊かなアウターのような趣に。

シンプルだからできる。過剰に重ねて「シンプル以上」へ
白パンツ 16,000円+税/TODAYFUL(LIFE’s 代官山店) ブラウンストール 22,000円+税/N.O.R.C(N.O.R.C) ベルトつきブラウンニットカーディガン 18,000 円+税/ダブルスタンダードクロージング(フィルム) モカスエードパンプス 25,000円+税/TSURU by Mariko Oikawa アイボリーショルダーバッグ 20,000円+税/マロウ(アルアバイル) ブラウンハット 4,400円+税/MURUA カーディガンに付属されたベルトでストールを巻き込むようにスタイリング。似た色・似た素材だからちぐはぐに見えず、適度なインパクトとして着地。シンプルに飽きたときに、シンプルな服でできる解決策。

CREDIT: Photography_Shohei Kanaya(model),Eizo Kuzukawa(model), Koichi Sakata(still) Styling_Makiko Iwata Hair&Make-up_Nobuyuki Shiozawa(mod’s hair・Katya), Mai Ozawa(mod’s hair・Eva) Model_Katya, Eva Design_Yoshitatsu Yamaya(Ma-hGra) Composition&