GISELe

2021/05/06

【明日なに着る?】♯006|「春夏のモノトーンこそ丁寧に」

GISELe編集部

夏に再会する正統派

組み合わせ方や注目のアイテム、さらにはこれから着たい服探しにも役立つ、最新コーディネートを毎日更新してお届けします。
>>明日なに着る?一覧はこちら

【♯006】「春夏のモノトーンこそ丁寧に」


白シャツに散りばめられた
ゴールドの輝きで事足りる

【POINT】
☑考えなくてもうまくいくモノトーンだからこそ「考えるモノトーン」。
☑気楽さを求めたい季節にこそ新鮮な正統派。
☑ショートパンツと合わせたいのは「ゆったり・長め丈・長そで」。
☑程よい厚みのBIGシャツで、ショートパンツを幼く見せず大人に。


白シャツ 27,500円/エディット フォー ルル 黒ハーフパンツ 30,800円/クロエストラ(エリオポール代官山) モノトーンとゴールドアクセは、黒と白を華やかに見せるための常とう手段。それよりも気軽さを求めるなら、もとから輝きをボタンとして含んだ白シャツで代用。


GISELe最新号をCHECK!
CREDIT: Photography_Shohei Kanaya Styling_Makiko Iwata Hair&Make-up_Nobuyuki Shiozawa(mod’s hair) Model_Rebecca Composition&Text_Chiharu Ando

RECOMMENDED