「バッグと中身とさらにその中」人気ブランドディレクターの愛用品は?

全ての画像を見る


【バッグの中身を拝見】


スタイリングとのバランスも計算して
表に出る色や柄ものを厳選


1.パステル調のブルーにひとめボレしたCHANELのお財布。ネットで見てどうしても手に入れたく、関西と関東のお店をいくつも回った末にやっと出会えて即決しました。 2.JIL SANDERのパスケース。コンパクトながらポケットの数が多く収納力抜群。 3.ukaのハンドクリームとネイルオイル。コロナ禍でセルフネイルに目覚めてネイルオイルの大切さを実感。手を洗ったあと、ハンドクリームとオイルをセットで塗るようにルーティン化しています。 4.久しぶりに訪れたディズニーシーで購入。レトロなデザインがかわいい!

5.iPhoneはプライベート用と会社用で2個持ち。ケースはクリアとシリコンの単色にすることで、スマホを持ったときにネイルが映える。 6.パーフェクトポーションのマスクスプレー。会社で先輩が使っていて、香りに惹かれ購入。 7.アレクサンドル ドゥ パリのヘアクリップ。主張しすぎないべっ甲がスタイリングにほどよくなじむ。 8.LETICIAのシュシュは、品のよさを演出できるネイビーのベロア素材。 9.絶妙なカラーが気に入っているジムウエア。上下を別のセットと組みかえてコーディネートを楽しむことも。

【ポーチに入れているものは?】


〈右〉繊細なラメが美しいCHANELのホリデー限定アイシャドウ。
〈左〉hinceのスティックハイライトはぬれ感が個人的にNo.1。インスタ用のSNAPなど急に撮影が入ることがあるのでお守り的に常備。



1.3.5.リップは常に2~3本所持。5のアディクションのマットリップは、長時間色をキープさせたい日に。
2.rihkaのアイシャドウはサイズも使い心地もメイク直しに最適。
4.ジム後に必須のTIRTIRのクッションファンデ。カバー力はあるのに厚塗り感が出ない優秀さ。


≫ファッション・美容業界のプロたちの「バッグとその中身」をもっと見る