巻き方ひとつで別顔に「ストールとその使い方」【20選】

服同等の存在感を発揮し、装いのムードづくりやバランサーを担う大きくて心地のいいストール。選び方からアレンジ術まで。「防寒」だけにとどまらない使い方の基本を総まとめ!




(タップしてコーディネート一覧へ)
≫【全20選を見る】「巻き方ひとつで服が見違える」さまざまなストールと使い方



ストールに託す3つの役割

しなやかなボリュームや、あたたかくてリュクスな風合いとシンプルな服との相乗効果。使う目的を明確にすることで見えてくる、ストールの長所を深掘り。


【埋もれさせる


端正な装いに必要な愛嬌。シャギーな風合いをぐるぐる巻きにしたストールに、顔をうずめることで生まれるあどけない姿。素材感としぐさによる愛らしさが、辛口な黒の緊張をゆるめて親しみやすく。



【おおう


特別な色と距離を縮めたいから。たった1枚で着映えがかなう、特徴を色に持たせたワンピース。大判ストールで面積をおおえば、優美なフォルムは保ったまま、色の強さやシルエットの迫力も抑え、デイリーに沿うドレス感に。鮮やかなオレンジに深みと落ち着きをもたらす、ブラウンに近い赤みがかったグレーカラー。



 【つなげる


服を重ねるより手軽な立体感。肉厚ニットにパンツも白のワントーン。そのままだと少しもの足りない。だけどレイヤードは着ぶくれが気になる。同色ストールで動きとボリュームを補い、完成度をアップ。クルーネックの首元をおおい、温度感も上昇。結び目やフリンジのあしらいを効かせれば、さらなる抑揚も見込める。