GISELe

2020/07/14

デニムカジュアルの新概念とは?|「キレイ」の役割を担う、これからのスタイル

GISELe編集部

「きっちりと知的にデニム」

余白のある形の服が全盛の中、オシャレに幅を出すためにも、しっかり・きっちり・くずさず着るというレパートリーを持ちたい。そこで採用したいのがデニム。その素材感のみをハズしととらえて、遊びやくずしを加えず、デニム自体もきちんと見えるシルエットを。「キレイ」の役割を担う、これからのデニムスタイルにアプローチ。


「しっかり・くずさず」がこれからの方向性

デニムという素材自体をハズしととらえて、よけいなくずしを加えず着る。「きちんと着飾る」ことが、これからのデニムカジュアルの概念。


RECONSTRUCTION
「白シャツのえり&そで出し」レイヤード
えりつきのきちんとした白シャツを再稼働。ジャケットやクルーネックのニットを重ねて、そでとえりをのぞかせるかっちりとした組み合わせこそ、色あせブルーデニムが旬の今、一周まわって新鮮に映る。

ネイビーリネンジャケット 33,000円+税/ユナイテッドアローズ(ユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズストア) 別注リネンシャツ 38,000円+税/マディソンブルー(ドレステリア 新宿店) テーパードデニムパンツ 19,000円+税/レッドカード(ゲストリスト) 眼鏡 15,800円+税/KOMONO(コモノ東京) ピアス 38,000円+税/ReFaire(UTS PR) チェーンブレスレット 4,910円+税/アビステ キャンバスバッグ 35,000円+税/VASIC(ヴァジックジャパン) ローファー 125,000円+税/レ ユッカス(ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店)


FEMININE BLACK
スレンダーな黒デニムで「レディで甘めなワントーン」
シーズンを問わず頼れるのが、限りなくスキニーに近い美形な黒デニム。その「カジュアルな質感」が装飾的なデザインや腕の出るノースリーブの甘さを中和しながら、ワントーンに奥行きを与え辛口方向に導く。

黒ギャザーブラウス 32,000円+税/nagonstans 黒スキニーパンツ 25,000円+税/RE/DONE、サンダル 78,000円+税/PROENZA SCHOULER(ともにLE PHIL NEWoMan 新宿店) 白ショルダーバッグ 110,000円+税/J&M デヴィッドソン(J&M DAVIDSON 青山店)


RESURRECTED
デニムを理由に「レトロな正統派のストライプ」
王道の「柄とデニム」は知性を感じさせるストライプに再注目。往年のセレブたちも好んで着たような、ピッチの幅が広めなパターンやカラフルなもの、クレリックタイプなどシャツはレトロな正統派に目を向けて。

ブラウンストライプシャツ 45,000円+税/コート(エストネーション) カットオフデニムパンツ 7,700円+税/ミラ オーウェン(ミラ オーウェン ルミネ新宿2店) 肩がけした白ニット 33,000円+税/SLOANE ピアス 5,891円+税/アビステ バッグ 43,000円+税/ジョージア ジェイ(RHC ロンハーマン) ベルトサンダル 45,000円+税/ブレンタ(アナトリエ ミュゼ プリヴェ アトレ恵比寿店)

CREDIT: Photography_Fumi Kikuchi(impress+) Styling_Yasuko Ishizeki Hair&Make-up_Nobuyuki Shiozawa(mod’s hair) Model_Alisa Design_Tomoki Fukuhara(Ma-hGra) Text_Ai Watanabei Composition&Text_Tomoyuki Kaneyama