コートをダメにする習慣「知らないうちに傷むから」 プロたちがやらないこと

全ての画像を見る

いちばん外側に身につけるアイテムだからこそ、キレイを保ちたいコート。洋服ケアのプロやファッション関係者から得た知識をもとに、コートが長持ちするお手入れ方法をおさらい。※商品クレジットのないものはすべて本人私物です



ーQUESTION.1ー
「今日から始められる初心者向けのケアは?」

まずは「買わずにできる」基礎的なケアをご紹介。つい形から入ってしまい、ケア用品を新調するだけで満足しがち。そんなアイテムを使わずとも、じゅうぶんコートのためになるお手入れを今日から早速とり入れて。



ふつうのハンガーにかけない

ハンガーのサイズを見直す。肩まわりの型くずれを防止するために、太さ重視で選んだMAWAハンガーを愛用。とくに重量のあるウールのロングコートは注意が必要。この機会に一度、自宅で使っているハンガーの厚みを確認してみて(戸塚さん)



ポケットに重いものは入れない

スマートフォンやキーケースなど重みがあるものは、アウターのポケットには入れずバッグの中へしまう習慣をつけましょう。ポケット口付近がたるんできたり、生地がよれて型くずれしたりと悪影響だらけ(谷村さん)



ボタンを開けたままにしない

ボタンを閉めてから保管。着用時間よりもクローゼットの中で眠っている時間のほうが長いので、正しい形のまま保管することが大切。バランスがくずれたまま数時間放置してしまうと形が歪んでしまうことも。ファスナーも同様です(鈴木さん)



少しでも湿ったままにしない

クローゼットにしまうのは完全に乾いてから。湿気はどんな素材にとっても天敵。雨にぬれた日や消臭スプレーなどをかけたあとそのままクローゼットへしまうのは絶対にNG。カビや臭いが発生しやすくなり、周囲の衣類にも悪影響を及ぼします(谷村さん)



(次ページ>)避けた方がいい「コートをダメにする小物」やダウン・冬の白などのメンテナンス法
≫【14選をもっと見る】服のプロたちが教えるコートや冬服を痛ませない」本当の正解とは?



【取材した方々】
・鈴木新さん/フレディ レック・ウォッシュサロン ・machimohoneyさん/インスタグラマー ・本橋ひろえさん/ナチュラルクリーニング講師 ・石津さん/ルボウ ・AYANAさん/ビューティライター ・sakkoさん/整理収納アドバイザー ・おふみさん/ミニマリスト ・永井良房さん/アピッシュ ・皆藤美恵子さん/ニット修繕専門職人 ・戸塚友理さん/Shinzoneプレス